治験コーディネーター

治験をスムーズに進める調整役

治験コーディネーターは、治験をコーディネートする人という意味になります。
治験は製薬会社が開発した新薬を、実際に人によって試してみて、副作用や害がないか確かめるために重要です。
もちろん治験を行なう前には、十分に動物実験を行ない、安全性は確認します。
そのような中で、治験に関わる製薬会社や被験者などを結び、スムーズに治験が進むように調節を行なうのが仕事です。

新薬が開発されるまでには、多くのコストと時間がかかります。
基礎研究から始め、動物実験などを行ない、最後に治験の臨床試験です。
ここで被験者が実際に新薬を使い投与し、安全性はあるか害はないか、そして開発目的通りの効果が出ているかを見ます。
安全かどうかももちろん重要ですが、期待通りの効果があるかどうかも特に重要です。

治験コーディネーターの仕事内容は、治験開始前と開始後と2つに別れます。

・治験準備
まずは製薬会社などの勉強会に参加し、治験内容を理解します。
治験に関する資料を作成し、ミーティングを開いて医師や医療関係者に治験の説明を行ないます。

・患者へ説明
治験基準を満たした患者に、内容を説明し、同意を得ます。
必ず治験を行なう前には、患者は同意しないと参加できません。

・治験開始
治験開始後は、患者へ状況や治験薬について、検査や診察への同席、協力費の支払いなどを対応します。

また、報告書をチェックしたり、薬剤師や看護師など、治験に参加するスタッフとの調節も重要な仕事です。

医療関係資格があると仕事では有利

治験コーディネーターになるには、特別な資格は必要ありません。
働く場合は、医療機関に直接雇用されるケースと、治験実施機関に所属して医療機関に派遣されるケースがあります。
前者の場合は、看護士や薬剤師など医療機関に所属している方が、異動でコーディネーターになる事がほとんどであり、医療機関関係者でないなら後者の道を選ぶのが一番です。

コーディネーターになるには、特別な資格は必要ありませんが、看護士資格取得者がなることが多く、看護士資格を取得すると良いでしょう。
また薬剤師も薬剤の知識が豊富なので、治験コーディネーターに向いています。
最近は治験実施数が多くなってきているので、対応するスタッフが不足気味であり、未経験者や新卒での募集も増えています。

薬学部出身で薬剤師資格取得者が特に歓迎されることが多いですが、未経験でこの業界に入ると、多くのことを覚えないとならないので大変です。
そのために、未経験者が入社すると、研修が何度か行なわれることが多いです。
仕事では薬剤などの知識ももちろん求められますが、スタッフや患者との調節を行なうので、コミュニケーション能力も必要です。