診療情報管理士

カルテの整理と管理をする人

診療情報管理士というのは、もともとは診療記管理士という名前で始まった民間の資格であり、1996年に現在の名称に変更されます。
医療機関内でのカルテの保管から、病名コーディング、在所確認や破棄まで、カルテの保存と活用、そして管理を行ないます。

患者が来院した際は、その患者が過去にどのような診察を受けたかを、医者が把握するためにも重要です。
カルテを整理することによって、診療内容や処方内容を見やすく探しやすくして、新規診療をスムーズに正確に行なうのにも役立つのです。

大きな仕事としてカルテのデータベース化があります。
カルテ情報をコーディングに沿って登録し、必要に応じて医師がカルテを参照できるようにします。
最近はデジタル化してデータベース化しているような病院もありますので、そのような所では登録作業を行ないます。

しかしデジタル化が進んでいないような病院では、紙のカルテを使っていますので、カルテの書類を分類し保管します。
さらにはがん登録と呼ばれる、カルテを読みがんの種類を分類し、登録する作業も行ないます。

医師が作成したカルテが正しいか、医学用語が正しいか、記入漏れがないかもチェックします。
間違いがあれば担当医師に報告して修正を求めますので、時には医師と対話することもあります。
医療事務と似たような仕事ではありますが、専門的な医療知識を身につけて仕事をしますので、事務以上の仕事をすることもあります。

仕事をするには必須の資格はない

診療情報管理士になるには、医療機関内でカルテの整理や入力が出来れば仕事は勤まります。
ただ医療機関では、資格を取得している人を採用することが多く、資格があれば、診療情報管理士の仕事をするために、知識を有していると証明できます。
診療情報管理士は、日本病院会と医療研修推進財団が資格を発行し認定しているので、まずは取得を目指すと良いです。

資格を得るなら、日本病院会の指定校の所定の過程を修了するか、必須科目の担任を取得することにより、資格試験のための受験資格が得られます。
通信講座でも受験資格を得ることができ、こちらの場合は2年制の通信講座を受講します。
そして試験では、基礎分野に専門分野、分類法の各試験を受験して合格すると資格を得られます。

ただ診療情報管理士の資格を持っていなくても、医療機関でデータ管理業務を行なうこともできます。
ある程度のデータ管理や情報処理能力は必要ですが、医療知識がなくてもカルテ管理やデータ登録作業などが行え、専門用語も覚えられます。
まずはこのようにして実務を行ない経験を積んでいきながら、通信講座で学び受験を目指し、資格を取得するという方法もあります。