登録販売者

薬事法改正で誕生した資格

登録販売者は、ドラッグストアや薬局で特定の医薬品を販売することが出来る資格です。
この資格は2009年に薬事法改正によって誕生した比較的新しいものですが、広く認知されている資格でもあります。
それは、この資格が薬剤師などに代わり、特定の薬を販売する事が出来、収入もそれなりに良いということがあります。

風邪薬や鎮痛剤などの一般用医薬品は薬剤師でないと販売できないとなっていましたが、薬事法改正によって、登録販売者も一部の医薬品を販売出来るようになりました。
そしてドラッグストアや薬局で働き販売する事が出来、またインターネット販売をする場合にも、薬剤師か登録販売者を配置しないとなりません。

登録販売者の販売できる医薬品は、第2種と第3種の医薬品にのみ限られ、第1種の医薬品は薬剤師しか販売できません。
働く場合は、医薬品を扱っているドラッグストアや薬局の他に、最近はスーパーやコンビニ、家電量販店などでも医薬品を扱いますので、そのような場所でも働けます。
今後も需要は広がり販売先は広がることが予想されるので、さらに仕事先は増える可能性は高いです。

公的資格を得れば仕事が可能

登録販売者として働くには、無資格では働けず、試験に合格して資格を得る必要があります。
ただ国家資格でなく、都道府県が実施している公的資格となります。
試験を受ける場合は、年齢や学歴に関係なく受験でき、受験するには制限はありません。
ただ仕事をするとなると、未経験なら店舗で薬剤師か2年以上実務経験のある登録販売者の下で、2年以上仕事をしないとなりません。
2年間の業務を終えると、その後はどこででも募集しているところで働けます。

試験は各都道府県で1年に1回または2回行なわれます。
試験内容は各都道府県で違いますが、難易度に差が出ないように厚生労働省のガイドラインを元に作成されます。
試験では、医薬品の特性や基本知識、人体の働き、医薬品の作用、薬事法関連、医薬品の適用範囲や安全について出題されます。
そうして試験に合格すると、登録販売者の資格が得られて仕事が可能となります。

試験勉強を行なうには、独学でもテキストなどを使用して学ぶことは出来ますが、通信講座を開設しているようなスクールもありますので、講座を受けて学ぶ方法もあります。
試験の合格率は、都道府県によって若干違い、たとえば東京だと例年で40%ほど、大阪だと例年で56%ほどとなります。
特別難しい試験というわけでもないですが、簡単ということもないので、しっかりと学んで受験しないとなりません。
もしもその年の開催された試験に不合格となれば、次回の試験を受けて合格を目指すこととなるでしょう。