病棟クラーク

医師や看護師をサポート

医療現場で医師や看護師をサポートするのが病棟クラークであり、入院設備のような大きな病院には、病棟ごとに数人のクラークが配置されているのが普通です。
医療関係者が患者のケアに専念できるようにサポートするのが仕事であり、書類の受け取りや病室の手配、ベッドの備品用意など、医師や看護師がスムーズに治療を行えるように、雑用をしていきます。

病院によっては、簡単な問診票への記入、診療器具の準備などのように、看護助手に近いような仕事をする場合もあります。
病棟クラークがいることによって、医療関係者は治療に専念でき、仕事の効率が上がるのです。

医療事務も似ている仕事ではありますが、こちらは事務関係のみの仕事をしますので、明細書や会計窓口などの業務がメインです。
それ以上の範囲で医療関係者をサポートするのが、病棟クラークとなります。
病院内で働く人を様々な面から橋渡しして、より医療現場に近い立場で仕事をします。
それは時には医療事務と連携し、他院への紹介状を作成したり、退院の伝票作成を行なうようなこともあります。

医療関係の知識は必要

病棟クラークになるには、これといった資格は必要ありません。
学歴や年齢に関係なく仕事をすることができ、募集している病院に応募して採用されると仕事スタートです。
医療関係の学校を卒業しているという必要もありません。

ただ仕事をするとなると、カルテや医療器具を使いますので、多少の医療関係の知識は必要となり、そのような知識や事務系のスキルを身につけて、仕事を目指す人が多いです。
やはり資格も学歴も関係ないとは言いますが、未経験で知識がなく仕事をするのは、ほとんど無理に近いでしょう。

もちろん募集している病院では、採用試験や面接は行なわれます。
経歴や志望動機などの書類を作り、それによって面接と選考が行なわれます。
また病院ではなく、医療関係の派遣会社に登録し、派遣社員として働くという道もあります。

病棟クラークを目指すなら、医療関係の勉強はするべきです。
民間企業が行なっている医療事務講座を受けたり、通信講座で学ぶなどの方法があります。
病棟クラークを目指す人のための専門学校もありますので、どのような方法で勉強していくかは、まずは考えて決めると良いです。

講座ではレセプトの書き方や作成方法、健康保険制度についてなどを学べますので、より実践的な知識と技術が身についていきます。
カルテやレセプトを取り扱うには、パソコンでの作成をしますので、パソコン操作のスキルも身につきます。
このような知識を仕事の前に身につけておくと、実際に働くと仕事を覚えやすく、業務もしやすいです。
そうして知識を身につけた後に、病棟クラークとして採用されると仕事をスタートします。