治験コーディネーターになるには

治験をスムーズに進める

治験コーディネーターは、治験を行なうには欠かせない役目の人物です。
治験は製薬会社が開発した新薬を、実際に被験者に投与して副作用がないか、安全であるか、開発どおりの効果が出ているかを確かめるものです。
新薬を試しますが、人に投与する前は動物実験を行ない、安全性は確認済みです。
治験を行なう中では関わる製薬会社や被験者などを結び、治験が問題なく行えるように調節をするのが仕事です。

治験コーディネーターは、治験を行なう場合は、初めから終わりまで、そしてその後も関わります。
まずは製薬会社などの勉強会に参加して治験内容を理解するところから始めます。
治験に関する資料を作成した後はミーティングを行い、医師や医療関係者に治験の説明をして理解してもらいます。

次は治験に応募した患者にどのような薬を使うのかなどを説明し同意を得ます。
患者は必ず治験に同意しないと参加できないので、参加前に同意を得ておきます。

治験開始後には患者へ治験状況について、さらに診察などへの同席、そして治験を行なった後には協力費の支払いなどをします。
治験修了後は報告書をチェックし、治験に参加する薬剤師や看護師などのスタッフへの報告も重要な仕事です。

薬剤師などの資格があると有利

新薬を開発するまでには、膨大な時間とコストがかかり、まずは基礎研究から始め、次に動物実験などを行ない、最後に治験の臨床試験という流れになります。
そして治験を行なうときに、被験者に実際に新薬を投与し、安全性はあるかそして目的通りの効果が出ているかを確かめます。
特に治験を行なう場合は、前段階である程度安全性は確認しているので、期待通りの効果があるかどうかが重要になります。

治験コーディネーターになるには必要な資格はありません。
医療機関に直接雇用される場合と、治験実施機関に所属して派遣という形で医療機関に出向く場合があります。
看護士や薬剤師など医療機関に所属している方は医療機関に直接雇用される事が多く、医療機関関係者でなく治験コーディネーターは未経験というなら派遣として働くのが一般的です。

仕事をするには特別な資格は必要ないですが、看護士資格を取得したり薬剤師も薬剤の知識が豊富なので、これらの資格を取得していると向いています。
治験実施数は徐々に多くなってきているので、コーディネーターは不足気味であり、未経験者の方の募集も増えています。

薬剤師資格取得者が薬の知識が豊富なので歓迎されることが多いです。
しかし未経験でこの業界に入るとなると、仕事では覚えることは多いので大変です。
未経験で入社すると、仕事を覚えるために研修を盛んに行なうことも多く、そこでも知識を学べます。