MRになるには

医薬品情報を扱うスペシャリスト

MRはmedical representativeの略語であり、直接的な意味は医薬品情報担当者となります。
医薬品を処方する薬剤師と性質は似ていますが、仕事内容は違います。
MRは薬剤師と違い、特に仕事をする上では必須の資格はなく、医薬品に関わる仕事ですが、薬学部や理学部を卒業している必要も、必ずしもありません。
実際には文系卒業の人も、多く仕事をしているような業界なので、出身学部は問われません。

学部などには関係なく、製薬会社などの募集があれば応募して、採用試験や面接に合格すると仕事が出来ます。
ただ応募条件として大卒以上という場合が多いので、少なくとも高卒では難しい職業です。

しかし大卒と言っても、学歴によってその人物を優秀かどうか見るような会社も多く、製薬会社も例外ではなく、やはり早稲田や慶応、東大などを卒業していた方が、就職には有利なことは間違いありません。

仕事をするには医薬品の知識はなくても採用されることはありますが、採用後は医薬品を扱いますので、仕事をするとなると、医薬品に関して猛勉強をしないとなりません。
資格は必要はないですが、MR認定センター主催のMR認定試験がありますので、この資格を取得するのも、仕事には大いに役立ちます。
ほとんどの人がこの資格を取得してから仕事をしますので、取得しておいた方が無難です。

新人として仕事を開始すると、まずは半年以上かけて研修を受けて、勉強を行なっていき、徐々に実務経験を積んで、一人前を目指すというのが一般的なMRとしての道になります。

ただ募集はそれほど多い業種ではなく、日本の製薬会社の募集もありますが、最近は外資系の製薬会社もどんどん日本に来ており、募集があります。
やはり大手企業の方が収入は福利厚生面で優遇されており、MR志望の学生から人気があり、応募倍率は高いです。

医薬品情報を医療現場に伝える

MRの仕事内容は、医療現場の看護士や医師に、医薬品情報を正しく伝えることになります。
医薬品は錠剤や粉薬など沢山の種類があり、こうした薬の使い方を教え、また新薬が開発されたら、その医薬品の売り込みもします。

誤った使い方をして死亡者を出さないように、正しく使えるようにするのが役目です。
昔はこのような役目は、医薬品メーカーの営業マンが行なっていましたが、医薬品の副作用などを正しい把握している、MRへとその役目が移行しました。

時には病院側からの情報を受け取り、製薬会社に伝えることもあります。
患者さんにある医薬品を使用したら副作用が出た、この医薬品はここが使いにくい、こういう医薬品が欲しいなど、病院側からの要望や苦情などを受け取ります。
その情報を製薬会社に伝えて、従来の医薬品の改良や、新薬開発への情報とするのです。