オプトメトリストになるには

眼鏡やコンタクトレンズに関するスペシャリスト

オプトメトリストは、視力保護に関する仕事をする人のことを言い、目に関する機能を検査し、視力の問題や異常を見つける技術者です。

目の視力や異常を検査するばかりでなく、異常を改善するにはどうすればいいかアドバイスを行ない、日常生活ではどのようにすればいいか、またその人に適したコンタクトレンズや眼鏡はどれがよいか勧めます。
言い換えれば、視力に問題のある人をサポートする職業と言えます。

オプトメトリストとして仕事をするには、認定眼鏡士という資格を取得するのが一番の近道です。
これは視力に関する知識を学び、それぞれの人の視力の問題に対応できるような知識と技術を身につけるための資格です。
日本眼鏡技術者協会によって資格は認定されており、指定の専門学校を卒業し、認定試験に合格すると認定眼鏡士の資格が得られます。

この資格には、S級・SS級・SSS級という3つのランクがあり、もちろんランクが上の方が技術や知識レベルが高いということになります。
この資格はS級を取得後に、次はSS級という風に、前のランクの資格を取得しないと、次のランクの資格は取得できません。

オプトメトリストを目指すには、目の病気や目の作りに関する視科学、コンタクトレンズに関する原理や制作技術などの知識を学ばないとなりません。
さらには眼鏡に関する知識や技術も必要であり、眼鏡フレームが完成するまでの工程、眼鏡レンズの仕上げ工程についても学ぶべきです。
こうして目や眼鏡、コンタクトレンズに関する知識を、専門の学校で学ぶと、S級の認定眼鏡士の資格が得られます。

眼鏡店やクリニックで働ける

オプトメトリストに関する資格を得たなら、一般的には眼鏡店で働くという道があります。
またその他にも眼科やコンタクトレンズクリニックで働くという道もあり、さらには研究員としての道、眼鏡メーカーや医療器機メーカーなどと、選択できる道は数多くあり、目に関する研究を行なっている企業や、眼鏡製造メーカーでも働けるのです。

高齢化によって、今後は眼鏡やコンタクトレンズを必要とする人も多く、日本では人口比でいうと使用している人も多いので、今後もオプトメトリストのニーズは増えていくでしょう。

たとえば眼鏡店で働くとなると、商品を勧めるばかりでなく、眼鏡やコンタクトレンズを使用する際の注意点、視力維持のための生活のアドバイスなども行ないます。

目に関する知識も求められますが、医学的知識も使って行なう仕事です。
このために眼鏡やコンタクトレンズを、その人に最適なものを選べるだけでなく、コミュニケーション能力も求められ、時には接客技術も必要となります。
クリニックで働けば、必要な処方を行なうなど、働く場所によって求められる知識や技術も変わってきます。