視能訓練士になるには

資格を得るためには時間がかかる

視能訓練士になり働きたいと思うならば、まずは国家試験に合格し資格を取得しないとなりません。
この資格取得者のみが、視能訓練士として働けるようになります。
ただ資格を得るためには、資格試験を受けて合格しないとならず、まずはその受験資格を得ないとなりません。

・高校卒業後に、指定の視能訓練士養成学校で3年以上学ぶ。
・大学や短大、医療系保育系専門学校を卒業後に、指定の視能訓練士養成学校で1年以上学ぶ。
・外国で視能訓練士養成学校を卒業する。

この3つのコースがあり、このどれかの道に進み、卒業すると受験資格を得られます。
このために、視能訓練士を目指すならば、養成学校を探すのが一般的です。

資格試験のための規定の授業が行なわれますので、全国どこの養成学校に行っても、内容や難易度は同じです。
学校によっては夜間課程を設けているところはありますが、臨床実習は昼間に行なわなければならず、通信課程の学校は今のところありません。

ただ資格を得るためには、長い時間学校に通わないとならないので、仕事をしたいかどうかまずはじっくり考えるべきです。
せっかく学校に行ったとしても、途中で放棄すると、その期間が無駄になってしまいます。

しかしながら、資格取得までの期間が長い分、視能訓練士の需要は高いです。
これは視能訓練士が少ないということも需要に繋がっており、求人はそれほど多くはないですが、視能訓練士を必要としている病院などは多いです。

眼科や病院などで働ける

視能訓練士は、医師の指示の元で、目に関する検査や機能を回復するための訓練を行ないます。
眼科領域の専門化であり、視能訓練士の検査結果を基にして、眼科医は治療を行ないます。
仕事内容は、眼科関連検査、視能矯正、リハビリ関連と3つに分かれており、主な職場は眼科病院です。

またときには、学校などでの集団検診の時にスタッフとして、検査を行なうこともあります。
最近はレーシッククリニックで働く人もおり、リハビリも行なうのでリハビリ施設で働く人もいます。

眼科の検査は視力などを検査し、異常がないか、異常はどこにあるのかを調べます。
そして、視能矯正については、眼球運動を改善し、弱視や斜視を改善していきます。
これらを放置しておくと、正常な視力に回復させるのが難しくなっていきますので、眼科医と相談の上で訓練プログラムを実施します。

訓練を行なうと手術を回避できる場合もあるので、重要な訓練です。
リハビリは、視力に問題のある中で、ルーペや拡大鏡などを使う訓練を行ないます。
道具を使用して、物体を正確に見るのは難しく、特に高齢者だと道具の使い方もわからないことがあるので、そこから始めます。
このような道具を使って物を見るには、訓練が必要なので、リハビリは必須なのです。