診療放射線技師

診療放射線技師の仕事内容

放射線治療が必要となる大病もありますが、歯科医師や医師の指示を受けながら診断や治療において、人体に放射線を使った治療方法を提供していく技術者を「診療放射線技師」と呼んでいます。

この技師はレントゲンだったりCTやMRIそしてPETなどの機械を活用して人体の撮影を行っていきます。

これらの機械を活用して撮影を行うことによって、医師は人体のどこに原因があるのか突き止めていくことができます。

このように病気の診断をする際に必要な画像の収集に役立っていく仕事をしていますが、大病の一つであるがんの細胞を破壊させるための放射線による治療も行っています。

スキルや資格が必要な診療放射線技師

撮影だけでなく治療でも大きな役割を持っている診療放射線技師というのは、やりがいを感じる仕事にもなってきます。

放射線の治療に関して専門知識を持つだけでなく生理学や解剖学といった医学知識を持ったり、解析をしていく際に必要なコンピュータの知識といった非常に広い範囲で知識が必要となってきます。

したがって知的で好奇心が旺盛な人が診療放射線技師に向いているといえるでしょう。
実際に人体に影響のある放射線は扱いが非常に重要となってきますので、繊細かつ慎重な対応ができることも求められます。

診療放射線技師になるためには国家資格が必要となってきますので、医学や理工学そして生物学といった知識や放射線に関する医療の専門的な技術を学べる所へ通わないといけません。

文部科学大臣によって指定された大学または短期大学、さらには厚生労働大臣が指定している専門学校にある診療放射線技師の養成所へ3年以上通う必要があります。

これによって受験資格が発生して、試験に臨むことができます。
資格を管理している日本診療放射線技師会という協会では、放射線機器管理士や放射線管理士、臨床実習指導教員そして医療画像情報精度管理士の4つの資格を形成しています。

各資格で知識や技能が変わってきますので、必要な勉強を受けていくことになります。
場合によっては自宅で学習できるものもありますので、選ぶ時に間違えないようにしましょう。

主な労働環境やキャリアアップの方法

診療放射線技師として仕事をしていく場所は病院や診療所そして医療機器メーカーで設置されている研究開発に関する部門などになります。

勤務時間については病院などではある程度規則正しいシステムになっていますが、大学病院や救急病院などで休日が平日になったり夜間勤務が発生することもあります。

病院で仕事をしていくことによって医学や理工学、さらには生物学の知識をつけていくことができます。
スペシャリストとしてその後は放射線機器のメーカーや電力会社などで仕事をすることもできます。

歯科衛生士

歯科衛生士とはどのような仕事か

歯科衛生士が担当する主な仕事内容は口や歯の健康を保っていくために治療を施していくことになります。

健康に過ごすためには歯や口腔の健康は不可欠です。
疾患を生じた時の予防や健康のために指導をしていくために専門的な知識などを付けておくことが重要になってくる職業です。

歯科衛生士の仕事内容を細かく見ていくと、まずは虫歯などの予防です。
歯を失う9割以上の病気が虫歯や歯周病です。

この2大疾患を防いでいくことによって歯を健康な状態にしていくことができますが、疾患予防は歯科衛生士の大切な仕事となってきます。
予防をしていくためにはフッ化物などの薬物を塗っていったり、歯垢となるプラークや歯石の除去、そして口腔内にたまっている汚れを取り除いていくことを担当しています。

次に歯科医院で医師の補助をしていく仕事です。
歯科衛生士は歯科医師の治療方針に沿ってサポートを行っていくことになります。

そして治療の一部を任されることもあり、患者の診療にあたります。
サポートは多岐にわたり、患者の診療をスムーズに行っていくために大切な業務を請け負っています。

最後に患者などに対して歯の治療における指導を行っていきます。
セルフケアなどを伝えていくことによって、健全な歯の状態をキープさせていくことができます。
これらの業務はいずれも歯科医院で必要なものとなるため、歯科医院でのニーズが高い仕事と言えます。

歯科衛生士になるために必要な資格やスキル

歯科衛生士は国家資格が必須の仕事となってきます。
歯科衛生士は歯科における保健指導を行ったり、患者へ正しい歯磨きなどの方法だったり歯に悪い生活習慣の指導を行っていきます。

そして、セルフケアにおいてはカウンセリングを行っていくことも請け負っていますので、信頼関係を作り上げるためのコミュニケーションが必須となってきます。
歯科診療においても歯科技工でも非常に繊細な作業が多くなっており、スキルとして手先の器用さも求めらています。

歯科衛生士のキャリアアップを狙う

キャリアアップを歯科衛生士として狙っていくには実務の経験は必要不可欠となっています。

予防歯科や審美歯科でも近年歯科衛生士の業務が増えてきており、審美学会歯科衛生認定士やホワイトニングコーディネーター、さらにはインプラント専門の歯科衛生士などがありますので、歯科衛生士といっても多岐にわたる認定制度が用意されています。

歯科衛生士は認定を受けていくことによって、歯の専門分野を作っていくことができますので専門の歯科医院へ転職を行う際には有利に働いてきます。

さらに歯科衛生士はコミュニケーション能力も問われてきますので、様々な歯科医院で経験を積むと能力も上がっていきます。
認定制度をうまく活用していくことがキャリアアップの第一歩となります。

歯科医師

歯科医師は歯のスペシャリスト

虫歯などによって歯の健康を害してしまった時に元の状態に戻していくことが必要になってきます。
そこで頼りになるのが歯科医師です。

歯科医師は多くの歯医者に勤めており、多くの患者を抱えているところもあります。
歯科医院で仕事をしている歯科医師の主な仕事内容というのは、患者の歯の状態を見ながら治療をしていったり、歯周病など口腔内の疾患が発生した時に治療または事前の予防などを行っていくことになります。

歯の病気の一例を挙げていくと虫歯だったり歯周病、そして歯や歯茎が悪くなってくる疾患に関する治療があります。

さらに急激に痛み出す親知らずなどの抜歯を行ったり、歯にたまる歯石の除去や高齢者がよくつける入れ歯だったり義歯の作成を行っています。
歯科医師の仕事は口の中や舌の病気だけでなく、あごの病気も対応していることがあります。

また重病であるガンに対しても早期発見を行うことができます。
小児歯科では子供の歯の状態を見たり顎の骨について形をチェックすることがあります。

他にもホワイトニングで歯を綺麗にする審美歯科も提供しているところがありますので、歯に関するスペシャリストといえるでしょう。
そして義歯を作る際に、最近主流になってきているインプラントを提供する歯科も増えてきました。

料金も非常にかかるので、専門的な技術を身につけていかないといけません。

どうやって歯科医師になるのか

歯科医師になるためには、基本的には全国各地にある歯科大学や大学の歯学部に入学する必要があります。
それぞれ6年制となっており卒業することによって国家資格を受ける権利を得ることができます。

そして、歯科医師の国家試験を合格しなければならず、合格後1年以上は研修を受けなければなりません。
近年、歯科医師の国家試験に関する難易度は徐々に上がってきています。

さらに合格率は、年々低下傾向にあるため、合格するのは難しいといわれています。
学費も非常にかかり卒業まで一般大学の4倍以上ともいわれています。

国家試験に合格すると1年間の臨床研修医として働いた後に歯科医院などに就職することになります。
そしてスキルなどが上達してくると、開業医として活動をしていくことになります。
学費はかかりますが後歯科医院を経営して安定化してくると、学費を一気に返済できるほど利益を上げていくことができます。

労働環境は競争する地域が大切

全国各地で歯科医師が過剰に増えてきている状況において、場所によっては歯科医院が乱立しているところもあります。

こうなってくると他の歯科医師と比較して優れた技術などに特化した技術を持っていないと生き残ることが難しいといわれています。

独立開業を考えるのであれば競争に巻き込まれないようにするのも戦略の一つであり、診療も小児歯科や歯列矯正、さらには審美歯科といった独自の路線を考えていくのも大切です。
トータル的に患者に長く通ってもらえる歯科医院を目指していくことが大切です。

薬剤師

高度な知識が必要な薬剤師

高度な知識を持っており、患者が服用できる医薬品の製造や調合、そして調剤を行っていくのが薬剤師です。
医薬品に関する国家資格も所有しているので、信頼できる人達といえるでしょう。

薬剤師の一般的な仕事を見ていくと、まず病院や薬局で活躍する場があります。
それは医師が検査をすることで患者に提供する処方箋に基づきながら服用できる薬を調剤していきます。
そして患者に保険などを考慮しながら料金を請求して渡す役目も担っています。

病院などでは医師や看護師へ様々な薬の正しい使用法をレクチャーしたり、提供をしていく仕事も行っています。
アドバイスも専門的な知識で提供していくことになります。

そして医師や看護師だけでなく患者に対しても正しい薬の服用法をレクチャーすることや、患者ごとにどのようなの薬剤を使っているか記録をしていくといった仕事も担当しています。
病院だけでなく医薬品メーカーで働くこともでき、新薬の研究や開発そして実験などがメインの仕事となってきます。

正しい医薬品の情報提供も行っていかなければなりません。
このように、医薬品に関して多岐にわたる業務を担当していくことになります。
様々な知識や技術をつけていくことが大切な仕事といえるでしょう。

薬剤師に必要な資格

医薬品の製造を行ったり、調合や調剤をしていくことになる薬剤師になるには、様々な試験などをクリアしていかないといけません。

そもそも薬剤師というのは国家試験によって認可される、薬事にかんする業務の専門家といえます。
その薬剤師になるためには、大学の薬学部を志して履修をしていくことが必要になってきます。

近年履修期間は4年から6年に引き上げられており、実務講習も充実してきています。
実習を全て終えて試験に合格することによって薬剤師になれますが、実務を受けるためには共用試験の合格が必須となってきます。

薬学部に入れなかった方は通信講座などで学ぶことができます。
参考書なども多く販売されているので、活用しながら薬剤師を目指していくといいでしょう。

勤務時間を考える

労働時間は薬剤師として業務につく環境によって変わってきますが、基本は日勤で8時間労働となります。
ただ病院で勤務する時の薬剤師は夜間の業務が発生することもあれば、土日といった週末の出勤も可能性としてあります。

シフト制によって、労働時間が大きく変わることもあるので注意をしないといけません。
仕事をする場所は病院以外にもドラックストアや調剤薬局などがあり、常勤やパートなどの勤務体系がありますので、給与体系も変化していきます。

正社員ならば1日8時間、パート等だと数時間で終了ということになりますので、薬剤師の仕事で生計を立てるのであれば、正社員として働くのがいいでしょう。

看護師

仕事は医師や患者を支える

近年看護師のニーズが徐々に高まっています。
その背景には少子高齢化や医療技術の進歩そして在宅での医療や看護のビジネスが展開されるほど希望者が増えているためです。

もはや医療は病院だけでなく、自宅でゆっくりと受けていくという状態になっているのです。
看護師というのは、医療や保健そして福祉関連の事業に携わる一員として看護を行っていく仕事になり、医師の診察などのサポートだったり健康に関する障害そして不安を持っている人たちに対して手厚い援助を行っていくことになります。

日常生活でリハビリが必要なほど障害を持っている人には生活支援のために様々な援助を行うこともあります。
身体的または精神的な苦痛を患者が感じているならば、苦しみを和らげるためにケアを行っていくのも重要な仕事となっていますので、病院において必要不可欠な存在といえるでしょう。

作業時間も朝早くから深夜まで幅広く、各病院で体制をしっかりと整えて業務を行っています。

看護師の勤務体系で環境が決まる

夜間勤務などが看護師の仕事では発生します。
時間も不規則になってくることもあり、給料は一般のOL以上に支給されることがあります。

長時間勤務もあるため、病院でシフト制などを敷いているところがありますが、拘束時間は長いと考えていいでしょう。
反面夜勤手当がついたりするので収入がいいという仕組みになっているのです。

近年看護師の勤務状況を少しでも楽にしようと雇用体勢を整えたり、週休2日制の勤務に切り替えているところも増えてきています。
他にも育児や介護休暇を与えてくれるところも増えてきており、女性が働きやすい環境が出来上がっています。

夜勤が多い病院となると3交代や2交代といった制度が取られています。
看護師にとって夜勤はマストイベントとなりますので、避けて通ることはできないでしょう。

看護師の数は激務によって減っているというところもあり、病院も最低限の人数で対応させるというところも多いため、病院を間違えると激務になる可能性もあります。

どうすれば看護師になれるのか

看護師になるには専門学校を卒業するのが一番早いです。
高校を卒業した後に法律上定められている専門学校などで3年以上勉強をして、国家資格を合格することによって看護師にになることができます。

最初は准看護師からスタートをしていき、看護師に進むというコースもあります。
准看護師からのスタートとなると、進学コースとなるコースを2年以上学ばなければなりません。

そして近年看護学校も多くなってきており、4年制のところがあります。
高学歴化をしている看護師ですが、年齢制限はとくにありませんので、資格取得を目指していくといいでしょう。

医師

医師の仕事内容について

体調を崩してしまったり、怪我をしてしまった時には病院や診療所に検査を依頼するという方が多いことでしょう。
その時に対応してくれるのが医師です。

身近な存在ながら、なかなか医師の仕事がわからないという方も多いことでしょう。
医師の仕事は命を守っていくために重要不可欠な存在となっています。

患者などに対してかかっている病気の状態や怪我の具合、そして治療に伴う薬の投与方法などを教えていくことになります。
患者はその指示を守っていきながら治療を進めていき、完治を目指していくことになります。

患者がかかってしまった病気の原因を解明していったり、治療方法を見出していくことも医師の仕事となります。
病気などの予防を呼びかけたり、回復に向けてリハビリテーションなどを行ったり、医師の仕事は多岐にわたります。

医師は四六時中対応することもある

病院を始めたばかりの開業医となると、レントゲン撮影や医薬品や医療機器の購入、さらには看護師の募集や確保といって診療以外の雑務も多くなってきます。

時には眠れないほど多忙な毎日を過ごしてしまうことがあります。
研究医として働いても、大学病院だったり診療所などで様々な病気にかかっている患者の治療などを行いながら、新薬の開発などの研究を行うことも多くなってきます。

それ故四六時中仕事になるということもあり、かなりハードと考えていていいでしょう。

大きな病院となると、深夜でも体調を悪くする患者がいるため、深夜でも治療を行わないといけません。
常に命を守る最前線に立っている医師の仕事は、それだけ責任感が大きな仕事といえるでしょう。

基本的にハードな仕事に耐えることができる体つくりも重要となってきます。
時には数日対応しないといけない患者も出てきます。

どうやったら医師になれるのか

今後は福祉関連の仕事が増えてくる医師になるのは、どのようにしたらいいのでしょうか。

医師は資格を取得することによってなれるわけではありません。
大学で医学部に進まなければ、医師への道が絶たれてしまいます。

医学部では6年間受けなければならない教育を受けることによって、卒業後に医師の国家試験を受けることができます。

その試験に合格をして、2年以上研修医として様々な病院で基礎を学んでいくことになります。
合計で8年以上も勉強や経験を積んでいくことによって、晴れて医師になることができるのです。

大学の医学部へ入学することは非常に大変で、偏差値が高い大学ばかりで学費も大幅にかかってしまいます。
診療に関する問題が出てきたり、医学の倫理などを学んでいくことになりますので、患者に対しても親身になって対応するのです。

看護師の利権について

看護師の給料

今日は看護師さんの利権の問題や、医療におけるさまざまな問題を書いていきたいと思います。
いくつか問題になってる点があるんですが、最近いろいろと取りあげられてる問題としては看護師さんに支払われるお金の問題ですね。
もちろん高いという意味です。

でもこれは決して高いといえるべきものなのかわかりかねてしまいますね。
毎日朝から夜中まで頑張って働いておられるわけですから、それはそれだけもらっていても何の問題もないとは思います。

介護の利権問題

さて、では何が問題になっているのでしょうか。
それは介護の問題になってます。
介護のサービスにもいろいろと多岐にわたってありますが、利用者さんの所へいってリハビリなどのサービスをしている事業所があります。
これを独立させたもとして設立しようという話しがもちあがっているということです。

これの何が問題なのか一見わからないですよね。
それはまだ自分たちにとって身近なものではないからだと思います。
では身近なものとして考えてみましょう。
たとえばスーパー。
大きい店舗でここにくればある程度のものなら何でも揃っているというお店です。
ですがそのそばに小さい店舗ではありますが、それに品揃えでいってもそんなに数はない。
ですがどこよりも安いとなればみんなこぞってそこで買い物をすると思います。

つまり、専門的なものとして、大きな店舗から独立して出て行くという事になります。
なので実際に利用する立場の人からすればかなり便利なところが出来たな〜って感じで実際にそうなれば、それはそれで良いですよね。
ところがこれを邪魔立てしようとしてるところがあるというのです。
それが看護師などが絡んできているさまざまな利権をもっている組織だといいます。

誰にとって必要なものなんのか

ではなぜこのように利用者にとって便利なものを排除しようとするのでしょうか。
それにはこんな裏の話しがあるからです。
そもそも独立したリハビリステーションというものは存在してませんよね。
ということはみんな看護師のいる所に通うしかないということになります。
つまり人が流れていってしまうとそこに利益がでてこないからそれを反対するのです。

なんとも自分たちのご都合だけでという感じがしてなりませんね。
誰にとっていいものであるべきなのかをその方たちに問いたいですね。
たしかにこれを食い止めたい気持ちもわからなくもないです。
それは、大きな病院に人の足がむかなくなってしまうということです。
そうなれば今でも財政に厳しい病院がもっともっときつくなってきてしまうわけですから。
その立場の利権をどうやらなくしてしまいたくないようですね。
利権をなくしてしまうことへの恐怖はわからなくもないですが、先ほども申し上げましたように、誰にとって必要なものであるのかを考えて欲しいです。

実際に困っているのはその施設を利用する方達なのですから。
どうにかしてうまく二つの施設がうまく手を取り合っていかないと、一番の被害をうけるのは誰なのか。
そしてこの問題をたくさんの方に知ってもらいたいと思ってます。