社会福祉士の資格

社会福祉士が担う仕事

社会福祉士の仕事は、福祉施設や福祉事務所または病院などの機関で相談を受けるのが仕事です。
対象となる相手は児童、高齢者や障害者の人たちで、その相談内容は身体場や精神場の障害、日常生活が困難なため福祉に関する相談を受けることになります。

これらの相談を受けた結果助言や指導を行うのが社会福祉士の主な業務といえます。
現在では重要な役割を担う資格となり、社会福祉士として働く場合には、社会福祉士試験に合格する必要がある国家資格です。

福祉関連の中でも上位の資格

社会福祉士の試験は、社会福祉士及び介護福祉士法で定められた国家資格で、福祉に関わる全ての資格の中でも最も上位資格と位置付けられており、ソーシャルワーカーとも呼ばれている国家資格です。
こちらの試験を受験するためには受験資格が必要となります。

平成元年からスタートしたこちらの国家試験この受験資格は、 4年制大学で指定されている科目を勉強した卒業者、短期大学で指定されている科目を勉強し卒業したもので指定の施設で2年または1年以上の相談援助の業務に従事している者が該当します。
また、福祉短期養成施設と卒業した者、社会福祉一般用情節を卒業した者そして児童福祉司や身体障害者福祉士など関連する仕事に従事していた期間が5年以上の者が受験資格を得ることができます。

社会福祉士の受験は毎年1回行われており、全国24カ所の試験会場で一斉に試験が開催されます。
社会福祉士の試験科目は19科目の中から指定科目と基礎科目が出題されることになり勉強する科目の数が多い国家試験となっており、すべての総得点で60%程度は合格基準となっており、1つの科目で0点の場合には不合格となります。

社会福祉士国家試験の合格率は例年25%前後となっており、国家試験の中では普通難易度となっている試験です。
試験科目が多いのが難点ですが、バランスよく勉強することで合格点に近づけることができる試験です。

高齢社会によって需要が増えていく

社会福祉士の資格は、平成元年に創立された国家試験となり新しい国家試験に分類されます。
しかし、対応する社会福祉士の業務は多岐にわたっており児童から高齢者まで対応することになるこちらの資格は、今後高齢化社会になることで需要のある資格の1つとなります。

また、市役所などで福祉担当部署を設置している場合には社会福祉士の資格を持っていることは大変有利であり公務員として働くことができる資格の1つとなることで、安定した収入を得ることができる仕事の1つとなります。

公的機関では、児童相談所や福祉事務所でも勤務できるため収入に関しては比較的恵まれている条件が多いです。
今後も社会福祉士としてアドバイスする役割は大きくなっていくことになるので、将来性のある仕事の1つとして期待できる資格となります。

歯科医師の免許

取得要件と関連する資格

歯科医師として働く場合には歯科医師国家試験に合格して歯科医師の免許を取得することになります。
歯科医師の国家試験を受験するためには国家試験の受験資格を取得する必要があります。

また、歯科医師免許を取得すると、食品衛生管理者、衛生管理者そして衛生検査技師の資格を付与されます。
その他にも、臨床検査技師、歯科技工士そして労働衛生コンサルタントの試験に関しては、試験の1部を免除が与えられます。

歯科医師国家試験について

歯科医師免許を取得するためには歯科医師国家試験を受験して合格する必要があります。
この歯科医師国家試験を受験する場合には、受験資格が必要となります。

歯科医師国家試験の受験資格に関しては、歯学大学または大学の歯学部を卒業した者又は受験をする月までに卒業見込みのものは受験資格を取得することができます。
歯科医師国家試験の予備試験に合格したもので、合格した後に1年以上の診療や口腔衛生に関する実施経験を得た者や受験年の3月までに実施経験を終える見込みのものが受験資格を得ることができます。
現在ではこの2つは一般的な受験資格となりますが、外国で歯科医学校を卒業して免許を取得した人でも、一定以上の学力と技能が認められれば受験資格を得ることができます。
歯科医師国家試験を受験することができるのはこれらの条件を満たした人たちです。

歯科医師国家試験は毎年1回実施される国家試験で、あらかじめ決められた地域の試験会場で試験を受験することになります。
歯科医師国家試験の試験科目は、必須問題、総論問題と一般問題に分かれておりそれぞれ一定以上の不合格、が必要でありこれらの問題で1つでも基準点に満たない場合には不合格となる国家試験となります。

歯科医師国家試験は、医療関係の試験となり合格率に関しては、近年難しい傾向となっております。
以前までは歯科医師国家試験の合格率は80%程度となっており合格しやすい試験と言われていましたが、最近では難しい傾向となっており合格率が60%から70%に落ち込んでおります。
また、全体的な合格率ではなく新卒の合格率は70%の合格率を近年維持していることから、新卒の人には合格しやすい傾向となっている国家試験といえます。

その代わりに歯学部や歯科大学入学の難易度が高くなっております。中でも国立大学のこれらの学部に関しては授業料が安いためさらに入学するのが難しいと言われております。
その反面私立大学では定員割れをしている大学もあり入学しやすいのですが、学費は高額なため経済的な余裕がなければ私立大学も歯学部に進学するのは厳しいです。

より専門性の高い技術が期待される

歯科医師は、現在地域によっては数が増加傾向にあり、開業して歯科医師を続けるのは難しい状況と言われております。
そのため歯科医師免許を取得した場合でもコミュニケーションやサービスの向上とともに医療技術の中でも最先端の医療技術をマスターする必要があります。

また、一般歯科以外にも審美歯科や歯周病対策またはインプラントなどの高度な医療技術が必要な歯科医院も増えております。
そのためこれらの専門的な治療を行う歯科医師は増えていく傾向にあります。

薬剤師の免許

受験資格を獲得するためには

薬剤師の免許を取得するためには一体どうすればいいのでしょうか?
免許を取得するためには、薬剤師の国家試験に受かる必要があります。

まず、薬剤師法によって薬剤師の受験資格は、4年制の大学において正規の課程を薬学について終了した人に限定されています。
そのため、薬学について学習することができるような大学に入って、4年間学習して卒業することが必要です。
なお、6年制に平成18年からはなっています。

薬剤師の国家試験は、2日間の日程で毎年3月末に実施されます。
大学を卒業した後で、この国家試験に受かる必要があります。
薬剤師の国家試験に受かれば、免許の申請を行って、登録が薬剤師名簿にされれば薬剤師の免許がもらえます。

どのような仕事を薬剤師は行うのか

では、薬剤師はどのような仕事を行うのでしょうか?
薬局薬剤師は、薬局で仕事をして、薬の販売や患者の薬歴管理、調剤や薬の情報提供などを行っています。

患者の薬歴管理の仕事は、薬歴と言われる薬の患者ごとの記録を行うものです。
どのような薬を服用したのか、副作用が起きた場合がある薬は何かなどを記録する大事な仕事です。
薬の情報提供の仕事は、安全に薬を使用してもらうために薬の情報提供を患者に行うものです。

副作用が起きた際の情報を収集し、医師や患者に伝えています。
薬の効果、品質、安全性などの情報を医師に提供しています。

調剤の仕事は、薬を処方せんに基づき揃えるものです。
飲みやすい薬にするような工夫も行っています。

製薬会社の薬剤師は、製薬会社で、薬の開発・研究や臨床試験などの仕事を行っています。
薬の開発・研究の仕事は、薬の新しいものを開発したり、研究したりする仕事です。
そして薬の臨床試験の仕事は、薬としてこれから役に立ちそうな成分の安全性や効果を確認する臨床試験において、コーディネーターの仕事をします。

卸売業の薬剤師は、卸売販売業で、薬を医療機関へ販売したり、薬を保管管理したりしています。
薬は、単に病院や薬局に運ばれているということではありません。

正しく薬が使用されるように、薬の情報を追加して運ぶ必要があります。
そのため、薬の情報の整理を薬剤師が行っています。

公務員の薬剤師は、県庁や研究所、厚生センターで、薬事法、感染症法、食品衛生法、に基づいて、行政指導や取り締まり、医薬品の研究、試験検査などの仕事を行っています。
病院の薬剤師は、病院で、調剤や患者の服薬指導、薬歴管理、臨床検査などを医療チームの一員として行っています。

学校の薬剤師は、学校の給食、プール、水道水、空気等の衛生検査を行っています。
保健室の薬や理科室の薬品を管理するのも薬剤師の仕事です。

看護師の免許

仕事をするための資格は2つある

看護師の仕事をするためには、看護師の免許を取るために国家試験を受験する必要があります。
なぜならば看護師というのは、国家資格であり、国から認可された人のみがなることが可能な特別なものなのです。

このような看護師としては、2つの資格があります。
看護師という国家試験を受験して受かった場合に獲得することができる資格と、准看護師という都道府県知事試験を受験して受かった場合に獲得することができる資格があります。
この2つのいずれかの資格を取得していると、看護師として正式に仕事をすることができます。

看護師の定義は、保健師助産師看護師法によって決められたものによれば、免許を厚生大臣から受けて、褥婦あるいは傷病者に対する診療の補助あるいは療養上の世話を行う仕事をする人のことを言う、となっています。
一方、准看護師の定義は、免許を都道府県知事から受けて、歯科医師・医師あるいは看護師の指示によって、褥婦あるいは傷病者に対する診療の補助あるいは療養上の世話を行う仕事をする人のことを言う、となっています。

このように、看護師と准看護師の定義としては区別されています。
准看護師の場合は、仕事を看護師や医師の指示によって行うことが必要であり、一般の会社の場合には、例えば、上司が看護師で、准看護師がその部下としているというようになります。

看護師の資格を取得する

この看護師の資格を取得する場合には、看護学校で3年以上学習する必要があります。
看護師の仕事をとりあえず早く行いたいという場合は、まず看護学校で2年間学習して准看護師の資格を取得して、仕事を准看護師として行いながら、ステップアップを看護師として目指すというようなことも可能です。
看護大学も現在ではあり、高学歴化が看護師の場合にも進んでいます。

看護師の協会においては、さらにレベルの高い認定資格試験を看護師を対象にして行っており、専門看護師、認定看護師、認定看護管理者というようなキャリアアップも看護師からできるようになっています。
このような看護師は、認定が看護の特定の専門分野に分けて行われるため、救急看護やがん看護など、専門性が特に必要な現場で仕事をしたい、と希望するような看護師にとっては非常に有効な資格です。
看護師の資格と一言で言っても、いろいろな種類があり、自分が目指したいことや行ないたいことに応じて、資格を選択することもできるのです。

このような看護師の仕事を探す場合には、看護師の求人サイトがおすすめです。
無料で看護師の求人サイトに登録すると、求人情報のおすすめの病院のものを紹介してくれます。
登録は簡単であるため、一度登録してみましょう。

医師の免許

国家試験を受ける条件

医師の免許を取る場合には、医師の国家試験を受けることができる条件を満足するために、医学部へ入学する必要があります。
そして医師の免許を取りたい学生の多くが、この入学試験で落とされます。
ちなみに、入試の偏差値について2013年度の場合を調査してみると、一番高いのが平均で約75になっています。

また、コネがあったり、医者に親がなったりしていると医学部に入学することができる、というような噂が本当のように言われていた時期もありました。
しかしながら、このようなことを考えるのは無駄でしょう。
例えば、私立の医学部の場合は約30倍の倍率、公立の医学部の場合には約10倍の倍率になっているそうです。

1回の入試で出願が1000人規模あるため、優遇するかどうかをこの一人ひとりについて決定するようなことはできないでしょう。
一次試験に受からないのは、学力が単純に足りないと考えておいて間違いないでしょう。

しかしながら、医者の子供であるということは、2次試験の面接の際には有利になりえるでしょう。
それでも、医学部や医師がどのようなものかを把握しているので、現実がわかっても絶望することはないだろう、くらいのことでしょう。
全く同じレベルの2人のいずれを選択するか、というような場合に判断する材料にはなるでしょう。

進級は定期試験に受からなければできない

最大のハードルが医学部の入学であると思っていると、ついていくことがとてもできないことがあります。
定期試験に受からなければ、進級は当然できません。

しかも、進級できる条件としては、全科目が必修でさらに全科目が合格ということが基本です。
つまり、医学部においては、全部の科目の知識を要求されるため、興味が全く無い科目の場合でも試験に受かる必要があります。

しかも、留年を一度すると、一般的に再履修が全部の科目において必要になります。
毎年、多い場合には留年を数十人がするそうです。
難しい医学部の入試に受かった人たちでも、医学部の試験はよくつまずきます。

医学部はお金がかかる

お金が医学部の場合はかかるということは、当たり前のように現在ではなっていますが、本当はどうなっているのでしょうか?
2年間別の大学よりも長いため、学費がその分かかります。
このことを考慮すると、学費は6年間で公立の場合には約350万円、私立の場合には2000万円から5000万円になります。

勉強が学費だけを支払うとできるということではありません。
レポート作成や試験対策のための参考書を準備する必要があります。

もちろん、先輩や図書館などから借りることも可能ですが、全部借りるのはできないでしょう。
参考書のための出費は、6年間で100万円くらいであると言われています。