取り組むべき課題はたくさんあります

grand

少子高齢化の問題

日本に限ったことではありませんが、世界の先進諸国においても、少子化、高齢化は深刻な問題となっています。
特に日本では、既に人口も減少に転じ、少子化ももはや語られなくなるほどに当たり前の事態となっています。
また、高齢化を突き進む日本の将来の経済問題を解決するために、今も国会では税金及び社会保障改革に関する熱い議論が展開されています。
これからの日本はどうなってしまうのかと悩まざるを得ません。

今後は、医療業界においても、ますます加速する少子高齢化に対応する諸問題が数多く横たわっていると言っても良いでしょう。

収支のバランス崩壊

その課題の一つは、言わずと知れた、医療サービスを受ける側の人たちが増え続けるということです。
そして、医療サービスを受ける際に費用の全額を支払っているという人はほとんどいません。

各種健康保険や医療保険に入って、費用の一部(場合によってはほとんど)を国や地方公共団体が補っていることも多いのです。
このことから、今後福祉に関わる財源は、年々増してくるというのも、未来のことですが明らかな事実です。
医療機関にかかることが多いのは、抵抗力の弱い子どもや高齢者となりますが、子どもが生まれる割合以上に高齢化が進んでいる昨今であります。

高齢者の医療負担、及び国などの高齢者に対する医療負担の支援が日に日に増加して行くものであることは否定し難い事実と言って良いでしょう。
合わせて、資金面でも今後の医療を支えて行くべき若者や子どもたちが減って行く訳です。
このように、収入と支出のバランスが完全に壊れてしまっている、更に今後アンバランスが拡大して行く傾向にあるということが何よりも問題です。

医療スタッフの余剰

更に別の課題は、人口が減っていくことに伴って、今のペースで医療従事者が増えて行けば、医療スタッフが余ってしまう現象が明らかに予見されます。
現在全国的には、医師が集まっているところと医師がいないところの地域格差が大きいようです。
そして日本は、医師も看護師も、先進諸国から見れば絶対数が決して多いとは言えません。

しかし、そうだと言っても、これからどんどん医師が増え看護師が増える一方で人口が減少して行く。
そして、いつかは過剰になってしまい、場合によっては願われない患者獲得の争いが起こることも十分に考えられるのです。

新しい技術導入の遅さ

それから、医療のサービス自体の点に触れれば、日本は発展途上国に医療支援や技術支援をしています。
ですが、先進諸国の中では、まだまだ改善すべき内容や技術もたくさんあります。
特に、日本は国民性からも、新しい医療の技術に対しては、慎重過ぎる嫌いがあります。
他の先進国で認可されている薬剤が、日本では慎重に慎重を重ねる認可作業が遅手に回ってしまって、なかなか認可されないというケースが少なくありません。

検査や承認を急いで手抜きをしてもらっては、その後の健康被害が深刻となりますので絶対に避けなければなりません。
ですが、あまりに時間をかけ過ぎて、患者になお長期の苦しみを与えてしまっているという事態を回避することは、今後の大きな課題の一つと言って良いでしょう。