言語聴覚士

仕事の対象が広い

言語聴覚士というのは、国家資格で厚生労働省に1997年に認定されたものです。
そして言語聴覚士の仕事の対象は、多岐の領域に渡ります。

具体的には、後遺症の脳梗塞や脳卒中などによって起きた失語症、事故で生じた頭部外傷によって生じる脳機能障害、加齢によって生じる嚥下障害、先天性の聴覚障害などが、言語聴覚士の仕事の対象です。
このような障害を持っている人をサポートして、社会に再び出て仕事ができるようにすることが、主な言語聴覚士の仕事になります。

言語聴覚士が行う主な治療

主な言語聴覚士が行う治療についてご紹介しましょう。
失語症というのは、言葉の表出と理解が難しくなる障害です。
治療としては、絵がカードに描かれているものを見て、そのものが何であるかを言う訓練などをします。

摂食・嚥下障害というのは、上手く食べ物を飲み込んだり、食べたりすることができなくなる障害です。
訓練の必要な摂食・嚥下障害の治療としては、ゼリーや水、実際のご飯を使って訓練をします。

高次脳機能障害というのは、言語、記憶、思考、行動、注意、学習などに脳の損傷によって障害が生じた状態です。
脳の損傷によって起こる高次脳機能障害の治療としては、注意や記憶などいろいろな症状に応じた生活訓練や機能訓練などをします。

言語聴覚士になるには

では、言語聴覚士になるにはどうすればいいのでしょうか?
言語聴覚士になるためには、高校を卒業した後、国が指定した4年制の大学、3年制の短大、あるいは国が指定した3年あるいは4年制の専修学校である言語聴覚士養成所に入って、必要な技能と知識をマスターして、卒業することが必要です。

4年制の一般の大学を卒業した時は、2年制の専修学校で必要な技能と知識をマスターすることが必要です。
また、言語聴覚士についての学業を外国の大学などでマスターした場合は、受験資格が国の審査、認定を受けることによって得られます。

コースの最短のものは、高校を卒業した後に国が指定する専門学校へ入るものです。
専門学校を卒業すれば、受験資格が与えられます。
住まいに近い養成校については、インターネットなどのサイトで紹介されているため確認してみましょう。

言語聴覚士の国家試験は、2月中旬に毎年行われます。
試験内容としては、筆記試験で5肢択一式です。

合格率としては全体で60%台と高くありません。
言語聴覚士の国家試験は難しいというイメージがありますが、この合格率は既卒者を含めたものです。

専門学校の新卒者の場合は、80%超の合格率であり、しっかりと専門学校で授業の内容をマスターしていると合格でき、それ程難しいものではありません。
また、それぞれの専門学校では、国家試験のための対応や準備が最終学年になると行われます。