保健師

保健指導や日常の生活支援、相談業務などを行う

保健師の仕事内容はどのようなものなのでしょうか?
病気の予防や健康管理・健康増進のために、保健指導や日常の生活支援、相談業務などが保健師の仕事です。

具体的な仕事としては、疾病の健康診断による早期発見だけでなく、適切な生活や食事の指導によって病気を防止します。
民間の会社で仕事をする産業保健師以外に、保健所、学校などの行政機関で仕事をする地域の保健師が中にはいます。

健康について相談に乗ったり、地域住民の家庭を訪れたり、高齢者から子どもまでいろいろな年齢層の人と話をする機会が多いため、人と話をするのが好きな人に適しています。
また、不安が健康に対してある場合は他の人に非常に頼りたい気持ちがあるため、他の人の話を聞くことができるような人がいいでしょう。

仕事をするところは、病院・クリニック・検診センター・民間会社・大学・保健所などです。
乳幼児健診、母子指導、予防接種、健康指導、健康診断を通して、人の健康に携わるので、やりがいがあり、人に役立っていると体感することができる仕事です。

保健師に必要なスキル

では、保健師にはどのようなスキルが必要なのでしょうか?
保健師になるためには、国家試験に受かる必要があります。

国家試験を受験する資格を獲得するためには、看護師の国家試験にまず受かることが必要です。
その後、一定のカリキュラムを保健師養成校や大学で修了し、受験できる資格を獲得してから国家試験にチャレンジします。
同時に看護師と保健師の勉強を行って、受験する資格をそれぞれ同時に獲得することもできます。

また、公務員の採用試験に受かると、地域の保健師になることができます。
保健師の仕事は人の健康や命に関係するので、使命感や責任感がある人に適しています。

また、専門知識と状況を見極める力、応用力が必要です。
そして、不安を健康に対して感じ、病気を心配している人に対して、包容力を持って温かく接したり、じっくり相手の話を聞いたりすることができるコミュニケーションスキルが要求されます。

保健師になると、病気の予防や健康増進、健康管理などに関係する技術や知識がマスターできます。
また、看護師の資格も保健師になるには必要であるため、専門の医療についての知識もマスターできるでしょう。

保健師は、健康に不安を感じている人の相談に乗って、話を聞く場合が多くあります。
一人ひとりが持っている問題や不安は違うため、状況や年齢によって予防プランを立案したり、どのようなシーンにも対応したりすることができるような臨機応変さや知識がマスターできます。
保健師は、医療施設と普段から連携することが多いため、医療についての情報もよく知っています。