診療放射線技師

診療放射線技師の仕事内容

放射線治療が必要となる大病もありますが、歯科医師や医師の指示を受けながら診断や治療において、人体に放射線を使った治療方法を提供していく技術者を「診療放射線技師」と呼んでいます。

この技師はレントゲンだったりCTやMRIそしてPETなどの機械を活用して人体の撮影を行っていきます。

これらの機械を活用して撮影を行うことによって、医師は人体のどこに原因があるのか突き止めていくことができます。

このように病気の診断をする際に必要な画像の収集に役立っていく仕事をしていますが、大病の一つであるがんの細胞を破壊させるための放射線による治療も行っています。

スキルや資格が必要な診療放射線技師

撮影だけでなく治療でも大きな役割を持っている診療放射線技師というのは、やりがいを感じる仕事にもなってきます。

放射線の治療に関して専門知識を持つだけでなく生理学や解剖学といった医学知識を持ったり、解析をしていく際に必要なコンピュータの知識といった非常に広い範囲で知識が必要となってきます。

したがって知的で好奇心が旺盛な人が診療放射線技師に向いているといえるでしょう。
実際に人体に影響のある放射線は扱いが非常に重要となってきますので、繊細かつ慎重な対応ができることも求められます。

診療放射線技師になるためには国家資格が必要となってきますので、医学や理工学そして生物学といった知識や放射線に関する医療の専門的な技術を学べる所へ通わないといけません。

文部科学大臣によって指定された大学または短期大学、さらには厚生労働大臣が指定している専門学校にある診療放射線技師の養成所へ3年以上通う必要があります。

これによって受験資格が発生して、試験に臨むことができます。
資格を管理している日本診療放射線技師会という協会では、放射線機器管理士や放射線管理士、臨床実習指導教員そして医療画像情報精度管理士の4つの資格を形成しています。

各資格で知識や技能が変わってきますので、必要な勉強を受けていくことになります。
場合によっては自宅で学習できるものもありますので、選ぶ時に間違えないようにしましょう。

主な労働環境やキャリアアップの方法

診療放射線技師として仕事をしていく場所は病院や診療所そして医療機器メーカーで設置されている研究開発に関する部門などになります。

勤務時間については病院などではある程度規則正しいシステムになっていますが、大学病院や救急病院などで休日が平日になったり夜間勤務が発生することもあります。

病院で仕事をしていくことによって医学や理工学、さらには生物学の知識をつけていくことができます。
スペシャリストとしてその後は放射線機器のメーカーや電力会社などで仕事をすることもできます。