医療秘書

医療秘書の業務内容

医療秘書という業務は、一般的なイメージで言うと窓口において応対をしたり会計についてスムーズに行うという受付関連の業務が思い浮かんでしまうものですが、医療秘書の業務は決して表には見えない仕事が色々とあるのです。

例えばレセプト業務では診療報酬請求を市町村だったり健康保険組合などへ請求する大切な業務を請け負っています。

レセプト業務では保険点数を計算していく業務もあるので、請求書類は決して間違えてはならない正確さを求められています。

受付では患者が最も不安を感じるため、請求額における金額の説明などを行うことがあります。
他にも患者の情報を入力したり診察券の発行、保険証の確認などを行っていきます。
また入退院をしていた患者の手続きに対しても行うので、こちらも正確さを求められることになります。

不安を和らげていきながら事務やオペレーター業務も行っていきます。
患者のカルテから必要最低限の情報だったり、その時々の診療に関する内容などをパソコンへ入力する業務が発生します。

このカルテが医師にとっては今後の治療の道標となってきますので、最低限の情報は必ず入れておかないといけません。

労働環境はどのようになっているか

秘書業務は大学病院のような大きな病院になっていくほど必要不可欠な存在となってきます。

事務関連だけでなく病院の院長や医局長、さらには看護部長といった重役に対する秘書業務も発生していきますので、スケジュール管理も必要になってきます。

他にも物品や書類の管理、さらには診察内容などの文書作成といった業務が発生しますので、一般企業で働く秘書と同様のビジネスに関するスキルやパソコンのスキルが必要となってきます。

環境も所属先で大きく変わってきており、受付業務などでは窓口業務などを行いつつ、診察時間外でも日報や月報の作成や管理を行うことになります。

そして電子カルテなどの入力を行いつつ、保険会社の対応なども行っていくため多忙になることがあります。
看護病棟で仕事をする時にはカルテの管理や看護師のサポートを行っていきます。

入院施設が入っている病院で配属されることが多く、検査データや入院の記録もつぶさに入れていくことになりますので、需要は非常に高まっています。

医療秘書に必要な資格について

医療秘書では、人気のある資格として「医療秘書技能検定」というものがあります。

この試験では基本的な知識だけでなく、医療秘書を目指していく人に対して1つの目標とされており、採用する医療機関にとっては習得レベルの基準としていくことができます。

検定の実施では各機関が積極的に参加や協力をしています。
医療事務のスペシャリストと呼ばれている存在になるための登竜門とされていますので、医療秘書業務を行いたい人は必須の資格となっています。