医療事務

医療事務の仕事内容について

病院に入った時に受付に保険証などを提示することになりますが、病院または診療所において受付や会計を行ったり、患者のカルテ管理や入力を行っていく業務、さらにはレセプト業務やクラーク業務について専門的に行っていくのが医療事務という仕事になります。

医療事務は医師や看護師、そして患者の間に立つことによって生じる、様々な事務に関する作業をこなしていくことになります。

いわば病院経営のバックアップを担当することになります。
例えば病院の受付では、患者が来訪した時に最初に接する病院のスタッフとなります。
受付の対応いかんによって病院に対して患者が感じる印象が大きく変わってしまいます。

医療事務とはいえ、受付は病院の顔といえるでしょう。
そしてレセプト業務においては、保険組合に請求する医療費の7割の内容が記載されているレセプトを作成していって、請求を行っていくことになります。

会計業務もそうですが、医療や薬に関する知識が重要となってきます。
この専門的な知識を活かすために結婚や出産といったブランクのある看護師などを経験した女性も再就職しやすい業務といえます。

雇用の形態も正社員や派遣スタッフ、パートなどがありますので、ライフスタイルに合わせて選択をしていくことができます。
年齢制限も特にありませんので、医療事務を選択するという方も多いです。

医療事務に必要なスキル

特別な資格や免許が医療事務には必要がありません。
医療関連の資格は多数ありますが、これらの資格を取得しておくと医療事務の就職率は高いとされています。

最も人気の高い医療事務につなげていくことができる資格は、診療報酬請求事務能力認定試験だったり診療情報管理技能認定試験、さらには医療秘書技能検定や医事コンピュータ技能検定士などがあります。

必要なスキルや試験が多くありますが、最も重要となってくるのは病気や怪我をした人に対するコミュニケーション能力です。

的確に業務をこなしていきながら、笑顔で患者に接することが重要となってきます。
そして業務においてはパソコンに関するスキルや事務処理のスキルが必要となってきますので、しっかりと習得しておきましょう。

医療事務を通して身に付くこと

患者の数が多くなる大きな病院では、受付からスピーディかつ正確な対応が求められることになります。
一方で多数の仕事を任されることになる規模が小さめの病院においては、受付から会計まで実に幅広い医療に関する知識を身に付けていくことになります。

医師や看護師、そして患者の間に立ちながら周辺のスタッフと連携をしながら業務を進めていかなければならないことも多くなりますので、キャリアアップを目指していくことができるでしょう。
小さい病院などから大病院へ転職することも可能となってきます。