看護師

仕事は医師や患者を支える

近年看護師のニーズが徐々に高まっています。
その背景には少子高齢化や医療技術の進歩そして在宅での医療や看護のビジネスが展開されるほど希望者が増えているためです。

もはや医療は病院だけでなく、自宅でゆっくりと受けていくという状態になっているのです。
看護師というのは、医療や保健そして福祉関連の事業に携わる一員として看護を行っていく仕事になり、医師の診察などのサポートだったり健康に関する障害そして不安を持っている人たちに対して手厚い援助を行っていくことになります。

日常生活でリハビリが必要なほど障害を持っている人には生活支援のために様々な援助を行うこともあります。
身体的または精神的な苦痛を患者が感じているならば、苦しみを和らげるためにケアを行っていくのも重要な仕事となっていますので、病院において必要不可欠な存在といえるでしょう。

作業時間も朝早くから深夜まで幅広く、各病院で体制をしっかりと整えて業務を行っています。

看護師の勤務体系で環境が決まる

夜間勤務などが看護師の仕事では発生します。
時間も不規則になってくることもあり、給料は一般のOL以上に支給されることがあります。

長時間勤務もあるため、病院でシフト制などを敷いているところがありますが、拘束時間は長いと考えていいでしょう。
反面夜勤手当がついたりするので収入がいいという仕組みになっているのです。

近年看護師の勤務状況を少しでも楽にしようと雇用体勢を整えたり、週休2日制の勤務に切り替えているところも増えてきています。
他にも育児や介護休暇を与えてくれるところも増えてきており、女性が働きやすい環境が出来上がっています。

夜勤が多い病院となると3交代や2交代といった制度が取られています。
看護師にとって夜勤はマストイベントとなりますので、避けて通ることはできないでしょう。

看護師の数は激務によって減っているというところもあり、病院も最低限の人数で対応させるというところも多いため、病院を間違えると激務になる可能性もあります。

どうすれば看護師になれるのか

看護師になるには専門学校を卒業するのが一番早いです。
高校を卒業した後に法律上定められている専門学校などで3年以上勉強をして、国家資格を合格することによって看護師にになることができます。

最初は准看護師からスタートをしていき、看護師に進むというコースもあります。
准看護師からのスタートとなると、進学コースとなるコースを2年以上学ばなければなりません。

そして近年看護学校も多くなってきており、4年制のところがあります。
高学歴化をしている看護師ですが、年齢制限はとくにありませんので、資格取得を目指していくといいでしょう。