MR

医師のパートナーとなるMR

医薬品などの的確な使用方法や情報提供を行っていくのがメインとなるMRは、医薬品メーカーで働いている人にとっては自社の医薬品を普及させていくことにもなります。

MRは日本語では医薬情報担当者と呼ばれており、その仕事は医師が医薬品を安全で患者に効果的な方法で使ってもらえるように提供していくことにあります。

積極的に自社の医薬品を使ってもらうことによって、売上を伸ばしていくだけでなく患者の治療を促進させていくことになります。

営利を追求することは難しいところではありますが、厚生労働省によってMRの仕事内容は定められていますので、違法行為を行ってまで営業活動をするわけには行きません。

仕事をする際には忙しい医師と面談するだけでも一苦労です。
そのためにもMRは様々な工夫を凝らしています。

例えば営業活動の最初の一歩として、医師と継続的にアポイントを取ろうと努力しています。
ただ地方の中核になる病院などでは患者の多くなっていることがあり、検査でどうしても時間が取れないという状況になっています。

そこでMRは継続的にアポイントを取ろうとしていくことで印象つけていき、行動パターンを把握して面会をしていくことになります。
次に自社の医薬品に対して興味を持たせていきます。

他社が製造している医薬品を利用している時には、自社の同じような性質を持っている医薬品に対しても興味を持たせないといけませんが、決して容易なものではありません。
様々な医師に対して工夫を凝らしていくことによって売上を上げていくことになります。

MR特有の認定資格を知る

MRとして仕事をしていく際には、医師の薬物治療に関するパートナーとして常に適切である情報の提供を行っていくことが必要になってきます。

そこで自社だけでなく他社の医薬品に関しても専門的な知識が必要となってきます。

資格においても改訂が進んでおり1997年には厚生労働省認可のもとで認定試験を開催しています。
その後基礎教育を300時間、そして実務教育を150時間受けていき、実務をMRとして6ヶ月行っていってようやくMR認定証を受け取ることができます。

合格率も高めなので、しっかりと勉強をしていかなければなりません。

キャリアアップを狙うためには

自社で請け負っている医薬品や提供する医療機関によってキャリアアップが大きく変わってきます。
MRというのは、特定の分野における疾患で提供する医薬品のみ担当しているMRや多くの分野の医薬品を扱うMRがあります。

特定分野では専門知識を、多くの分野では幅広い知識をつけていくことになりますので、転職時には薬剤師などでも活躍することができます。
さらに営業分野でも実力をつけていくことになりますので、一般企業の営業としても活躍する場が出来ます。