音楽療法士

音楽を意図的に使用する

音楽療法士というのは、専門に音楽療法を取り扱っている人を言うそうです。
では、音楽療法士というのは、どのような資格で、どのような仕事を行っているのでしょうか?

音楽療法というのは、音楽が持っている心理的、生理的、社会的な働きを利用して、心身の機能の維持改善、障害の回復、生活のレベルの向上などのために、音楽を計画的、意図的に使うことであると言われています。
そして音楽療法士の仕事は、メインに福祉や医療のシーンが多く、精神障害者、認知症の高齢者、脳障害後遺症を交通事故などによって持っている患者、小児まひや脳性まひ、自閉症児者に対して現在行っています。

音楽療法士の仕事内容としては、音楽的プログラムを対象者の状況に応じて組んで、音楽を歌ったり、聞かせたり、体を音楽に合わせて動かしたり、楽器を場合によっては演奏したり、その補助をしたりすることです。
例えば、歌う場合は、肺活量を多くするためや、言葉の新しいものを覚えるためや、記憶力に作用するためプログラムです。

また、楽器の演奏の場合は、手と目の動きや指や手の活動を連動するためのプログラムです。
音楽療法士が、意図的、計画的に採用した音楽的なテンポやハーモニー、リズム、音などの要素を活用して、治療の本来の目的を叶えるためのリハビリのサポートと言えるでしょう。

音楽療法士の資格

音楽療法士というのは、民間の認定資格で、国家資格ではありません。
いくつかの団体が、現在資格を認定しており、主なものとしては音楽療法士1種・2種という全国音楽療法士養成協議会によるものと、認定音楽療法士という日本音楽療法学会によるものがあります。
地方の場合には、認定音楽療法士の県の制度を設定しているところもあります。

音楽療法士1種・2種の場合は、音楽療法士養成講座の認定されたものを持っている短大、大学において、科目の指定されたものを学習し、短大・大学を卒業した人がもらえる認定です。
1種の認定条件は大学卒業、2種の認定条件は短大卒業になっています。
認定条件として、短大卒業・大学卒業というものがあるので、通信教育では認定されません。

一方、認定音楽療法士の場合は、資格が書類審査のオリジナルの認定基準によるものと面接試験に受かった人に与えられます。
また、資格を取った後も、更新の審査が5年ごとにあります。
この更新の審査の場合も、厳しい基準であるため、通信教育では難しいでしょう。

通信教育を、独自に音楽療法士を認めている団体によっては行っているところもあります。
資料をまずは請求して、内容をきちんと確認してから受けるようにしましょう。

音楽療法は、あまり日本においては普及していません。
そのため、常勤の音楽療法士というスタイルでの仕事は相当困難でしょう。