オプトメトリスト

視力保護をする人

オプトメリストは、オプトメリーという分野の知識を元にして仕事を行ないます。
人は周りの情報を目に映ったものから得ており、文字や記号、物体のサイズや距離などがあります。
これらは、目の中に入ってくる光の屈折を調節し、さらには両方の目に入る情報は1つに合わせて整理する、などのことをしています。

目自体も健康でないと情報を得ることは出来ず、視力もないと物を見ることは出来ません。
物がぼやけて見えたり、二重に見える、目が疲れやすいなどのことがある場合は、原因を探り適切な処置を行なうことは、目の機能や健康についての科学的知識が必要となります。
そのような目に関する知識をあらゆる面から研究するのが、オプトメトリーという学問です。

オプトメトリストとは視力保護のスペシャリストであり、オプトメトリーでの知識を活かして、目の機能を検査し、視力やその他の問題や病気、異常などを見つけます。
サポートするのは乳幼児から高齢者までであり、あらゆる人のビジョンケアを行ない、快適な生活が送れるようにサポートします。

メガネやコンタクトレンズの処方のみならず、使用方法やメンテナンス方法、生活習慣に関してもアドバイスを行ないます。
日本のメガネ人工は7,500万人ほどになり、人口の60%ほどを占めており、オプトメストリストを必要とする人が沢山います。

その他の分野でも、学校での視力検査に幼児の発達検査、両眼の視力機能トレーニング、発達障害の方のトレーニング、など活躍の場は多数あります。
スポーツ選手の動体視力や瞬間視などの機能強化や検査、保護などのスポーツビジョンの分野でも活躍している方がいるのです。

必要な知識

オプトメトリーとして働くには、もちろん目に関する知識を学ばないとならず、以下のようなものが必要です。

・視科学
目の作りと働き、さらには病気に対する医学的知識と、目そのものの知識に光学理論など、見るための知識を学びます。

・コンタクトレンズ
コンタクトレンズの原理や測定技術について学び、快適に装着するための知識や技術を身につけていきます。
さらには、着け外しに関する技術も学びます。

・フレームデザイン&クラフト
メガネフレームが完成するまでの工程について学びます。
素材から切り抜き、削りや加工、組み立てに研磨と、メガネフレームを制作する上での工程の技術や知識を学んでいき、完成品のメガネを作ることまで行ないます。

・レンズ加工
メガネフレームの加工方法を学んだら、次はレンズ加工です。
機械によって削られたレンズを、手作業で微調整しながら仕上げていきます。
光学的に正確に作れるのはもちろんのこと、美しく仕上げるための技術も学びます。

こうして専門学校を卒業すると自動的に資格が得られ、さらには専門の試験に合格するとさらに上のレベルの資格も取得することが可能であり、仕事が出来るようになります。