理学療法士

障害がある人に対してリハビリテーションを計画したり実行したりする

理学療法士の仕事内容としては、一般的にメインは障害がある人に対してリハビリテーションを計画したり実行したりすることです。
しかしながら、これ以外にも仕事があります。
まずは障害が残っている人に杖や車椅子の使い方などのアドバイスです。

他にも、より快適で安全な生活を利用者が送ることができるように、トイレや浴室の改装、手すりを設けるといった住宅のリフォームについてアドバイスしたりすることなども行っています。
また、地域リハビリテーションや健康管理が近年では要求されています。
健康の維持・管理のための運動や生活習慣病の予防についてアドバイスをしたり、自宅を訪問することによってリハビリテーションを行ったりすることなども、大切な理学療法士に要求される仕事になっています。

具体的な仕事内容

一般的に、リハビリ施設や病院などにおいて仕事をする場合には、診断を医師が行った後、評価した後計画をしてリハビリテーションというような流れになります。
医師の診断が終了すると、まず理学療法士は患者の運動能力や筋力、呼吸器系統の状態や能力を検査します。
この段階が評価になります。

この後、医師のカルテや診断、また、別の診断部門や看護師からの情報も考慮して、一人ひとりの患者に応じた治療プログラムを計画します。
同じ障害や病気の場合でも、当然ですが患者の筋力や性格、年齢などは一人ひとりの患者によって違うため、施す治療も違ってきます。

正しく患者の状態を評価して、一人ひとりの患者にプログラムの最適なものを組むことが、全ての基本になります。
プログラムが決定すると、リハビリを実際に行います。

リハビリの理学療法士が行うメインは運動療法で、関節可動域練習というなめらかに関節が動くように練習するものや、筋力増強練習という筋力をつけるもの、日常生活動作練習という日常の歩行などの基本的な動作を練習するものを通して、身体機能を回復して、患者の社会復帰・日常生活を支援します。
また、関節に痛みがあったり、障害があったりした場合には、物理療法である電気療法や温熱療法というようなものを行う場合もあります。

そして、当然ですが、リハビリが終わると終了ということではありません。
毎日のプログラム内容や治療の経過の報告書をまとめたり、経過やプログラムを患者やその家族に対して説明したりするというようなことも大事な仕事です。

理学療法士は、患者にとって自立や身体の回復のために共に歩んでいくパートナーです。
機能回復の支援だけでなく、モチベーションをリハビリに対して維持したり、不安感を緩和したり、患者のメンタル面の支援も、大切な理学療法士に要求される役目です。