臨床検査技師

臨床検査技師の仕事内容

主に臨床検査技師は病院での仕事が多く、規模や配属される部門によって大きな違いがあります。

しかし臨床検査技師の仕事で共通しているのが、血液や尿さらには痰などを検査していくことが一般的な仕事となっていますが、これが検体検査と呼んでいます。

他にも超音波や心電図、脳波測定そして眼底検査などといった生理機能に関する検査を病院内での検査室において行っていくのが一般とされています。

検査をしていく中で特別な病気にかかっていると疑わってしまう時には、臨床検査技師が検査センターへさらなる検査を発注することもあります。

他の作業も大きく関わってきますので、効率的に臨床検査技師の仕事に対応できる人を求められています。
健診センターやクリニックでの仕事も行っていますが、小規模になるほど臨床検査技師の作業量は多くなることがあります。

採血などだけではなく、エコー写真の撮影や聴力検査、脳波状態のチェックなどの業務を請け負うことがあります。

臨床検査技師は予防治療も行うことがありますので、常駐するケースもあります。
臨床検査センターでの仕事もあり、設備のない小さい病院などから受注することによって臨床検査技師が検査の代行を行います。

このように臨床検査技師は、病院における検査で対応できない部分を請け負っているような仕事となってきます。

臨床検査技師に必要なスキル

臨床検査技師になるには学校で専門的な知識をつけていかなければなりません。

そして学校を卒業して、ある程度の知識を身に付けていきながら国家試験を受験して合格する必要があります。
臨床検査技師は主な仕事として検査や分析などの仕事をしないといけません。

また生物や化学といった分野で強い人にならないといけません。
必要なスキルとしては他にも自己管理や体調管理も重要になってきます。
患者とコミュニケーションをとることもあるため、必要不可欠なスキルといえるでしょう。

臨床検査技師としてキャリアアップ

仕事は多岐にわたるため、作業内容が多いほどキャリアアップにつなげるスキルを身につけることができます。
主には人体構造やその機能、そして医学検査における基礎や疾病との関係を学んでいくことができます。

他にも臨床病態学や生理機能の検査学などに関する知識をつけていくことができ、その技術もアップしていくことができます。
臨床検査技師の仕事は人の生命を医師と同じくらい左右していく重要な仕事を担っています。

そのため日々の業務をクリアしていくことによって責任感や正確な業務の遂行を行っていく能力を身に付けることができます。

全国各地の病院から検査施設が無いために臨床検査技師へのニーズが高まっていますので、様々な業務をこなしていくことでキャリアアップにつなげていくことができます。