作業療法士

リハビリの現場で働く

作業療法士の仕事は、リハビリの現場で、障害を心身に持っている人が、心身の機能を社会生活や日常生活を再建することが可能なように回復し、主体的に身の回りのことを対処することが可能なように支援していくことです。
具体的な作業療法士の仕事内容としては、医師の指示によって、患者の精神的活動・身体的活動・創作活動・社会的活動を通して、社会復帰のための指導や訓練を行っていきます。
作業療法士は、患者の機能をいろいろな作業療法によって回復させていきます。

大まかに作業療法士の仕事内容は4つに分けられます。
身体機能のアップとしては、スムーズに関節の動きをして筋力を増やし、感覚機能を良くすることによって、運動能力の日常生活に必要なものをアップします。

高次脳機能のアップとしては、物や時間の把握、動作の手順および周りの状況の認識など、能力の日常生活に必要なものをアップします。
また、知的障害の患者の場合は、感情表現の発達のために、情緒面にもレクリエーションなどによって働きかけたりします。

生活技能のアップとしては、着替え、食事、洗顔および入浴というような身の回りの動作など、動作の日常生活において必要なものの訓練をします。
また、手工芸や楽器演奏、粘土細工などによる機能アップも行います。

社会技能のアップとしては、社会へ適応することができるように、実際的な活動によって、最大限に患者に残っている能力を導き出します。
ロールプレイなどによって、社会生活や仕事に必要な学習能力や問題解決能力、人間関係能力をアップさせ、職場復帰や自立生活を目指します。

作業療法士になるためには

作業療法士の国家試験を受けるためには、高校を卒業した後、3年以上国が指定した養成所で学習する必要があります。
養成所としては、3年制の短大、4年制の大学、3年制あるいは4年制の専門学校があります。

このような学校において、解剖学、運動学、生理学、病理学概論、リハビリテーション医学、臨床心理学などを、実習と講義を通して学習します。
例年、試験に受かる率は80%~90%台ですが、70%台になった年もあるため注意しましょう。

作業療法士として仕事をするためには、国家資格を取ることが必要です。
また、試験に出される作業療法についての専門知識、運動学、解剖学、生理学、心理学などの知識も必要です。

また、作業療法の最適なメニューを考案するには、しっかりと対象者の気持ちや心身の状態を掴むことが大事です。
そのため、しっかりと相手の話を聞いたり、相手の感情をちょっとしたことから読み取ったりする能力が要求されます。
また、相手の心を開かせ、相手を安心させるような人柄が優しいということも要求されます。