細胞検査士

専門として細胞病理検査を行っている

細胞検査士とはどのようなものなのでしょうか?
病理検査室で専門に細胞病理検査を行っている臨床検査技師を細胞検査士と言います。

検査技能を認定する資格で、細胞が悪性か良性かを見極めたり、少数の悪性の細胞を良性の細胞の中から探し出したりしています。
細胞検査士になるためには、臨床検査技師の国家資格をまず取ることが必要です。

細胞検査士の仕事内容

悪性のがんなどの細胞を発見する場合に、非常に大切な一つの検査法が細胞診です。
この細胞診のスクリーニングの仕事を、細胞検査士が指導医の監督指導によって行っています。
具体的には、さまざまな方法で人体から採られた細胞を標本にして、それを染色して顕微鏡で観察します。

細胞診を行う細胞検査士には、高い能力と緻密な正確さが求められるため、日本臨床細胞学会と日本臨床検査医学会がスペシャリストとしてのスキルを資格である細胞検査士として認定しています。
主な仕事の場所としては病院や検査センター、診療所などで、患者の病気を医師が診断する場合に大切な役目を果たしています。

細胞検査士の年収の平均は、400万円くらいと言われています。
また、資格手当が職場によっては付く場合もあり、資格を取った人は優遇されるようです。
就職する場合に、特に細胞検査士が有利になるのは特記すべきでしょう。

また、細胞検査士の資格を取っている人は、女性が約6割であり、結婚や育児、出産など、ライフスタイルが変わったことによって仕事を辞めてからも、復職を細胞検査士の資格を活用して行っている多くの女性がいます。
そのため、女性にとって細胞検査士は比較的優しい職業と言えるでしょう。

現在、がん検診に対する高い需要があることもあって、まだまだ細胞検査士はニーズが高い資格です。
また、最先端のがん医療の現場で仕事をしたいというような人にとっても、資格の有効なものと言えるでしょう。

細胞検査士になるためには、養成課程を修了するか、実務経験を積むことが必要です。
臨床検査技師の上級職に細胞検査士はあたります。

受験資格としては、衛生検査技師あるいは臨床検査技師の資格を取った後に、細胞診検査の実務を1年以上積んだ人、所定の単位を細胞検査士の養成コースがある大学で修得した人、専門学校・医療短大・大学を卒業して衛生検査技師あるいは臨床検査技師の資格を取った後に所定の教育課程を細胞検査技師養成所に入って履修した人となっています。
試験としては、細胞診のための基礎知識、標本を作成する技術および標本の優劣の判定などについての技術の問題があり、1次試験の場合にはスライドと筆記、2次試験の場合には実技があります。