歯科技工士

口の中で使用される人工物全般

歯科技工士の仕事は、差し歯や入れ歯、マウスピース、歯の矯正装置などを歯科医師の指示によって作ることです。
最もイメージしやすい歯科技工士の仕事は、歯医者に行った際、虫歯に入れる詰め物を削った後に作ることでしょう。

歯科衛生士や歯科医師が、入れ歯をするところの歯型を取ったり、虫歯を削ったりしますが、歯科技工士に取った歯型が渡されます。
そして歯科技工士は、患者の歯の状態によって入れ歯や義歯というような歯科技工物を作ります。
作る歯科技工物はいろいろですが、例えば、クラウンと言われるかぶせものや入れ歯、歯列矯正などの場合に使われる矯正装置などがあり、口の中で使用される全般の人工物を扱っています。

経験が誰でもあるでしょうが、少しでも歯が痛くなったりしみたりすると、人間の口の中は敏感に感じます。
人工物をこのような神経の走る繊細な口内で装着するため、最大限の精密な集中力と技術が歯科技工物には要求されます。
わずかの加工の違いによって、患者の快適さが非常に違ってくるため、神経を非常に使います。

歯科技工の仕事は、歯科技工士と歯科医師だけができるようになっています。
歯科医師も、歯科技工の教育を大学において受けますが、技術の専門的なものが求められる仕事であるため、歯科技工士に歯科技工については頼みます。

一方、歯科技工士の場合は、歯科衛生士や歯科医師と違って、患者の口の中を触ることはできません。
矯正装置や入れ歯などを作るのは歯科技工士、作った物を装着するのは歯科医師というような分担になっています。

患者と触れ合うことは、歯科衛生士や歯科医師とは違って、ほとんどありません。
人の一部の身体になるものを作るので、職人的な正確さや緻密さが求められる仕事です。

歯医者に行けば、コミュニケーションを歯科衛生士や歯科医師と取って治療を行ってもらいますが、ほとんど歯科技工士と触れ合うことはありません。
歯科技工士は、基本的に患者の口の中を触ることができないので、歯科技工士と歯科医院とは、仕事をとそれぞれの役目が違うところで行っていると言えるでしょう。

歯科技工士が仕事をするところ

歯科技工所で、約7割の歯科技工士が仕事をしています。
注文を病院や歯科医院から受け、指示書をベースにして作って納品をします。
大小いろいろな規模があり、歯科技工所を独立して開業する人も多くいます。

次に、歯科医院が多い職場です。
作業を歯科衛生士や歯科医師と協力して進めるため、協調性が要求されます。

患者と接する機会も多いため、やりがいがある仕事です。
病院の中にある歯科技工室での仕事は、いい待遇であるため高い人気になっていますが、採用数はあまりありません。
そして、病院であるため、先端的な技術が歯科医院よりも要求されます。