視能訓練士

視能検査や弱視や斜視の訓練治療

視能訓練士とはどのようなものなのでしょうか?
医療技術者で視能訓練士法という制定が昭和46年に行われた法律に基づく国家資格を取得した人を視能訓練士と呼びます。
ほとんどの視能訓練士は、視能検査を医師の指導のもとに眼科で行うと同時に、弱視や斜視の訓練治療の仕事も行っています。

視能検査とは

では、視能検査とはどのようなものなのでしょうか?
視能検査というのは、視力、屈折、視野、調節、光覚、色覚、眼圧、眼球運動などの検査以外に、超音波、写真の撮影検査、電気生理学などがあります。
このような検査によって得られた正しい検査結果が、診断治療の適切なものにつながるため、専門職で眼科診療チームの一員として認められています。

視能訓練士になるには

では、視能訓練士になるにはどうすればいいのでしょうか?
視能訓練士になるためには、所定の教育課程を高卒の場合は3年以上、看護学校卒と短大・大学卒の場合は1年以上学習した後、国家試験に受かる必要があります。

視能訓練士法が昭和46年に制定され、国家試験の第一回が実施されてから、2013年3月現在、1万人余りの資格取得者があります。
創生期には、専門分野の弱視、斜視の視能訓練だけを仕事にしていましたが、現在では一般の眼科の分野において視能検査の仕事の分野は拡がり、ますます仕事の場は拡大しようとしています。

視能訓練士の仕事内容

では、視能訓練士はどのような仕事内容なのでしょうか?
目の健康管理は、人の一生に関係することです。
視能訓練士は、専門の眼科の領域での技術者として、乳幼児から年配の人まで幅広い世代において、目の健康を守るという大事な仕事をしています。

遠視、乱視、近視というような屈折異常についての検査、緑内障、白内障などの眼疾患についての検査、コンタクトレンズや眼鏡の処方についての検査等を実施します。
具体的な検査としては、主として、視力検査、眼圧検査、屈折検査、視野検査、前眼・眼底部の写真撮影と分析、電気生理検査、角膜形状検査、超音波検査などを担当しています。
視能訓練士は、異常が両眼視機能にある弱視、斜視の患者に機能回復のための訓練と必要な検査をします。

眼疾患を予防するためには、早く見つけて、早く治療をすることが大事です。
また、眼科検診から生活習慣病が見つかる場合もあります。

検診業務にも視能訓練士は参加しています。
例えば、3歳児健康診査、生活習慣病検診、就学時健康診査などがあります。

生活習慣病の蔓延、高齢化社会などに伴って、十分に視機能が回復しない人が多くなっています。
このような人に対して、ロービジョンケアを早期に始めて、補助具の必要なものを選んで、使用方法をアドバイスします。