歯科衛生士になるには

歯科衛生士は歯科助手とはどう違うのか

歯科医院において治療のサポートを行っていく歯科衛生士は歯科助手と同じような括りになっていることがあります。

しかし歯科医院でのポジションは大きく異なっており、歯科衛生士ならではの仕事も存在しているので、混同してはいけません。

歯科衛生士というのは歯石やプラークの除去や歯磨きなどの指導を行っていくことによって、健全な歯の状態をキープさせようとしていきます。

治療においても歯科医師のサポートを行っていくとともに、専門的な分野を担当していくことによって治療をスムーズに進めていくことになります。

歯や歯肉の状態を確認していくことも行っていき、医師へ的確な情報を提供していくこともあります。
その一方で歯科助手と呼ばれる歯科医院のアシスタントは、受付や診療に関する雑務を主に担当していく仕事となってきます。

待遇は歯科衛生士よりも悪くなっていたり、スキルも高くはないというのが特徴的です。
感染症に関して知識のない人も多く、機材の片付けなどで病気を患うこともあります。
このように比較をしていくと、歯科衛生士というのは専門的な分野を取り扱う仕事といえるでしょう。

歯科衛生士の主な就職先

歯科衛生士の勤務先となるのは歯科医院だけではありません。

大学の歯学部や専門的な分野を取り扱っている予防歯科や小児歯科、口腔外科といった歯科病院、さらには小さな子供が多数いる保健所などが該当します。

大半は全国各地にある一般の歯科医院へ就職することが多いですが、専門的な分野を習得したい方も増えてきています。
近年歯科衛生士のスキルは求められており、介護事業で大きな力を発揮します。

例えば歯の健康をまもるために、寝たきりになっているお年寄りを訪問して口腔清掃を行ったりブラッシングの指導を行いますので、指導するスキルも求められることになります。

どうやったら歯科衛生士になれるか

国家資格が歯科衛生士には求められるのですが、平成20年の3月実施分よりの歯科衛生士における国家試験から、様々な出題基準が改定されることになりました。

問題では写真または図版を見ていきながら、問題に答える状況設定の問題といった仕事に近い問題が多数出題されることとなったのです。
もちろん知識を問う臨床に即している問題も多くなっており、状況判断も見ることができる試験になっています。

この試験を受けるためには、高校を卒業した後に歯科衛生士となるための養成学校に入学して様々な技術などを学ばないといけません。

大半の養成学校は3年制へと変更されており、今後は4年制へ移行されることになっています。
国家試験に合格することによって、歯科衛生士の名簿に登録されることになり免許証も交付されます。
これで歯科衛生士になることができます。