歯科衛生士

歯科衛生士とはどのような仕事か

歯科衛生士が担当する主な仕事内容は口や歯の健康を保っていくために治療を施していくことになります。

健康に過ごすためには歯や口腔の健康は不可欠です。
疾患を生じた時の予防や健康のために指導をしていくために専門的な知識などを付けておくことが重要になってくる職業です。

歯科衛生士の仕事内容を細かく見ていくと、まずは虫歯などの予防です。
歯を失う9割以上の病気が虫歯や歯周病です。

この2大疾患を防いでいくことによって歯を健康な状態にしていくことができますが、疾患予防は歯科衛生士の大切な仕事となってきます。
予防をしていくためにはフッ化物などの薬物を塗っていったり、歯垢となるプラークや歯石の除去、そして口腔内にたまっている汚れを取り除いていくことを担当しています。

次に歯科医院で医師の補助をしていく仕事です。
歯科衛生士は歯科医師の治療方針に沿ってサポートを行っていくことになります。

そして治療の一部を任されることもあり、患者の診療にあたります。
サポートは多岐にわたり、患者の診療をスムーズに行っていくために大切な業務を請け負っています。

最後に患者などに対して歯の治療における指導を行っていきます。
セルフケアなどを伝えていくことによって、健全な歯の状態をキープさせていくことができます。
これらの業務はいずれも歯科医院で必要なものとなるため、歯科医院でのニーズが高い仕事と言えます。

歯科衛生士になるために必要な資格やスキル

歯科衛生士は国家資格が必須の仕事となってきます。
歯科衛生士は歯科における保健指導を行ったり、患者へ正しい歯磨きなどの方法だったり歯に悪い生活習慣の指導を行っていきます。

そして、セルフケアにおいてはカウンセリングを行っていくことも請け負っていますので、信頼関係を作り上げるためのコミュニケーションが必須となってきます。
歯科診療においても歯科技工でも非常に繊細な作業が多くなっており、スキルとして手先の器用さも求めらています。

歯科衛生士のキャリアアップを狙う

キャリアアップを歯科衛生士として狙っていくには実務の経験は必要不可欠となっています。

予防歯科や審美歯科でも近年歯科衛生士の業務が増えてきており、審美学会歯科衛生認定士やホワイトニングコーディネーター、さらにはインプラント専門の歯科衛生士などがありますので、歯科衛生士といっても多岐にわたる認定制度が用意されています。

歯科衛生士は認定を受けていくことによって、歯の専門分野を作っていくことができますので専門の歯科医院へ転職を行う際には有利に働いてきます。

さらに歯科衛生士はコミュニケーション能力も問われてきますので、様々な歯科医院で経験を積むと能力も上がっていきます。
認定制度をうまく活用していくことがキャリアアップの第一歩となります。