歯科医師

歯科医師は歯のスペシャリスト

虫歯などによって歯の健康を害してしまった時に元の状態に戻していくことが必要になってきます。
そこで頼りになるのが歯科医師です。

歯科医師は多くの歯医者に勤めており、多くの患者を抱えているところもあります。
歯科医院で仕事をしている歯科医師の主な仕事内容というのは、患者の歯の状態を見ながら治療をしていったり、歯周病など口腔内の疾患が発生した時に治療または事前の予防などを行っていくことになります。

歯の病気の一例を挙げていくと虫歯だったり歯周病、そして歯や歯茎が悪くなってくる疾患に関する治療があります。

さらに急激に痛み出す親知らずなどの抜歯を行ったり、歯にたまる歯石の除去や高齢者がよくつける入れ歯だったり義歯の作成を行っています。
歯科医師の仕事は口の中や舌の病気だけでなく、あごの病気も対応していることがあります。

また重病であるガンに対しても早期発見を行うことができます。
小児歯科では子供の歯の状態を見たり顎の骨について形をチェックすることがあります。

他にもホワイトニングで歯を綺麗にする審美歯科も提供しているところがありますので、歯に関するスペシャリストといえるでしょう。
そして義歯を作る際に、最近主流になってきているインプラントを提供する歯科も増えてきました。

料金も非常にかかるので、専門的な技術を身につけていかないといけません。

どうやって歯科医師になるのか

歯科医師になるためには、基本的には全国各地にある歯科大学や大学の歯学部に入学する必要があります。
それぞれ6年制となっており卒業することによって国家資格を受ける権利を得ることができます。

そして、歯科医師の国家試験を合格しなければならず、合格後1年以上は研修を受けなければなりません。
近年、歯科医師の国家試験に関する難易度は徐々に上がってきています。

さらに合格率は、年々低下傾向にあるため、合格するのは難しいといわれています。
学費も非常にかかり卒業まで一般大学の4倍以上ともいわれています。

国家試験に合格すると1年間の臨床研修医として働いた後に歯科医院などに就職することになります。
そしてスキルなどが上達してくると、開業医として活動をしていくことになります。
学費はかかりますが後歯科医院を経営して安定化してくると、学費を一気に返済できるほど利益を上げていくことができます。

労働環境は競争する地域が大切

全国各地で歯科医師が過剰に増えてきている状況において、場所によっては歯科医院が乱立しているところもあります。

こうなってくると他の歯科医師と比較して優れた技術などに特化した技術を持っていないと生き残ることが難しいといわれています。

独立開業を考えるのであれば競争に巻き込まれないようにするのも戦略の一つであり、診療も小児歯科や歯列矯正、さらには審美歯科といった独自の路線を考えていくのも大切です。
トータル的に患者に長く通ってもらえる歯科医院を目指していくことが大切です。