薬剤師

高度な知識が必要な薬剤師

高度な知識を持っており、患者が服用できる医薬品の製造や調合、そして調剤を行っていくのが薬剤師です。
医薬品に関する国家資格も所有しているので、信頼できる人達といえるでしょう。

薬剤師の一般的な仕事を見ていくと、まず病院や薬局で活躍する場があります。
それは医師が検査をすることで患者に提供する処方箋に基づきながら服用できる薬を調剤していきます。
そして患者に保険などを考慮しながら料金を請求して渡す役目も担っています。

病院などでは医師や看護師へ様々な薬の正しい使用法をレクチャーしたり、提供をしていく仕事も行っています。
アドバイスも専門的な知識で提供していくことになります。

そして医師や看護師だけでなく患者に対しても正しい薬の服用法をレクチャーすることや、患者ごとにどのようなの薬剤を使っているか記録をしていくといった仕事も担当しています。
病院だけでなく医薬品メーカーで働くこともでき、新薬の研究や開発そして実験などがメインの仕事となってきます。

正しい医薬品の情報提供も行っていかなければなりません。
このように、医薬品に関して多岐にわたる業務を担当していくことになります。
様々な知識や技術をつけていくことが大切な仕事といえるでしょう。

薬剤師に必要な資格

医薬品の製造を行ったり、調合や調剤をしていくことになる薬剤師になるには、様々な試験などをクリアしていかないといけません。

そもそも薬剤師というのは国家試験によって認可される、薬事にかんする業務の専門家といえます。
その薬剤師になるためには、大学の薬学部を志して履修をしていくことが必要になってきます。

近年履修期間は4年から6年に引き上げられており、実務講習も充実してきています。
実習を全て終えて試験に合格することによって薬剤師になれますが、実務を受けるためには共用試験の合格が必須となってきます。

薬学部に入れなかった方は通信講座などで学ぶことができます。
参考書なども多く販売されているので、活用しながら薬剤師を目指していくといいでしょう。

勤務時間を考える

労働時間は薬剤師として業務につく環境によって変わってきますが、基本は日勤で8時間労働となります。
ただ病院で勤務する時の薬剤師は夜間の業務が発生することもあれば、土日といった週末の出勤も可能性としてあります。

シフト制によって、労働時間が大きく変わることもあるので注意をしないといけません。
仕事をする場所は病院以外にもドラックストアや調剤薬局などがあり、常勤やパートなどの勤務体系がありますので、給与体系も変化していきます。

正社員ならば1日8時間、パート等だと数時間で終了ということになりますので、薬剤師の仕事で生計を立てるのであれば、正社員として働くのがいいでしょう。