業界カルテ~看護・リハビリ・医療事務~

医療業界の職種紹介

医療業界に興味を持たれているみなさんに、今回は医療業界のあれこれについてをお教えしたいと思います。
まず、医療業界とはどういう職種があるのか?ここでご紹介していきたいと思います。

看護職(看護師、看護助師)

看護職は病院といった医療現場に勤務し、医師の診療の補助行うケースと、介護業界で働くケースがあります。
介護現場の看護職とは、訪問看護と老人ホーム等の施設などといったパターンがあります。
訪問看護では看護師の権限で許されている範囲で医療的な処置を行い、施設では、入居者の体調管理や透析、投薬管理や医師との調整などを行います。

看護師になるためには、文部科学大臣の指定した大学や専門学校で、専門の必要な学科を修めてから、年に1度の看護師国家試験に合格しなくてはなりません。
また看護師資格には看護師と准看護師の2つの種類に分かれており、看護師の資格を持つものの中では、保健師、助産師など複数の資格を持つ人もいます。
これにより、医師の指示によって診察や治療の補助、患者の身体、精神面の世話、最近では健康管理、衛生管理指導という分野にも活躍の幅を広げています。

また、最近はメディアカルケア・アシスタントと呼ばれる看護助手も注目されています。
これは看護師のアシスタント的役割を担い、資格を持っていなくても、定められた範囲で看護師をサポート出来る職種です。

リハビリ関係職

病院やリハビリセンター、福祉施設、老人センター、家庭などで事故や病気、手術などで身体機能を失った者に対して、身体の機能と運動機能、社会生活に適応するための能力を回復させるために指導、補助をする者をいいます。
専門学校や短大、大学での養成課程を3年以上学んでから、国家試験を受けて合格するとなれる職業です。

最近では介護業界などで、作業療法士、言語聴覚士、理学療法士の需要が高まっています。
これは、身体の機能を失った方々に、リハビリという機会を設けるために導入されています。

作業療法士は作業を通して指導、訓練し、言語聴覚士は吃音や発話が不自由な者、聴覚障害者に指導、訓練をし、理学療法士はマッサージ、電気刺激、温熱療法などの物理的な治療を行います。
またこれら3つの職業は技術に合わせ、根気強さも必要となってくる職業でもあります。

医療事務

医療事務とは、診療所や病院で診察を受けた患者に対して、記載されているカルテの内容を健康保険の点数におきかえて診療費用を計算、レセプト(診療報酬明細書)の作成をする仕事です。
小さ目の病院では受付、会計、カルテ整理、管理といった沢山の仕事を医療事務一人でやることも少なくなく、仕事に就く上で必要な国家資格はありません。

ただし、不確かなことですが民間の職業や認定はあります。
就労形態はパート、アルバイトとして募集している所が多く、主に女性が多く占めている職業の1つです。
最近では、病院や歯科医院だけでなく老人ホームなどの介護施設でも求人が増えています。