言語聴覚士の資格

ことばに関するリハビリを行う

言語聴覚士は、医療従事者に該当する資格の1つと言われておりリハビリテーションの専門職に該当します。
言葉を話すのに必要な音声機能や言語機能、あるいは聴覚に障害を持つ人々に対して訓練を行い、そうした機能の維持と向上を図るサポートをするのが仕事です。

その他にもこれらの訓練等に必要な検査や助言そして指導などを行うのがこちらの言語聴覚士の仕事です。
言語聴覚士が対象としているのは、主に言葉の障害や聴覚の障害そして声や発音の障害と食べる機能の障害への対応です。

これらの障害に関しては生まれた時から発症している先天性のものから病気やケガが原因で発症する後天性のものまであります。
また対象となる年齢は小児から高齢者まで幅広く対応する資格となります。
言語聴覚士として働く場合にはこの国家試験に合格する必要があります。

受験資格を満たす要件

言語聴覚士の資格を取得する場合には受験資格が決められておりこの受験資格を満たすことで国家試験を受験することができます。
受験資格としては、1つ目は高校を卒業した者の場合には、文部科学大臣が指定している学校や厚生労働大臣が指定した言語聴覚士養成所で3年以上言語聴覚士として必要な知識や技能を習得した者です。
2つ目は、大学または高等専門学校その他の養成所で一定期間以上勉強をしてその後文部科学大臣が指定した学校を又は厚生労働大臣が指定した言語聴覚士養成所で1年以上言語聴覚士として必要な知識や技能を習得した者です。

その他には外国で言語聴覚士免許に相当する免許を取得しているもので構成労働大臣が一定以上の知識や技能有すると認定した者に受験資格が与えられます。
言語聴覚士の試験科目は12科目があり、合格率は70%前後となっている国家資格となるため合格の難易度はやや易しい部類に入ります。
しかし、資格としてまだマイナーとされていることで資格試験の対策講座は非常に少ないです。

そのため受験対策としては独学となりますが、合格率の高さを見ても独学でも十分に合格できる国家資格となります。
計画を立てて勉強することで合格することが可能な試験です。

将来性と給与

言語聴覚士の資格は、マイナーなイメージのある資格となりますが、障害を持つ人の年齢割合が高齢者の割合が増えているため、今後も需要のある資格といえます。
特に障害のある子供だけでなく脳卒中の後遺症により言語障害が出てしまった患者の場合にはその全てが対象となるため病院やリハビリテーションそして福祉施設で勤務することができます。

中でも脳卒中の後遺症などの病気の治療に必要なため病院のリハビリテーションの関係の需要が多いです。
この資格の言語聴覚士として働いた場合にはサラリーマン程度の収入となりますが、年収は勤務先によって変化しますが高収入が期待できる職業に該当しないです。
しかし、就職先に公立の病院などの公的機関が多いのが特徴で、この場合には公務員として働くことになるので、公務員と同じ収入を得ることができます。