看護師の免許

仕事をするための資格は2つある

看護師の仕事をするためには、看護師の免許を取るために国家試験を受験する必要があります。
なぜならば看護師というのは、国家資格であり、国から認可された人のみがなることが可能な特別なものなのです。

このような看護師としては、2つの資格があります。
看護師という国家試験を受験して受かった場合に獲得することができる資格と、准看護師という都道府県知事試験を受験して受かった場合に獲得することができる資格があります。
この2つのいずれかの資格を取得していると、看護師として正式に仕事をすることができます。

看護師の定義は、保健師助産師看護師法によって決められたものによれば、免許を厚生大臣から受けて、褥婦あるいは傷病者に対する診療の補助あるいは療養上の世話を行う仕事をする人のことを言う、となっています。
一方、准看護師の定義は、免許を都道府県知事から受けて、歯科医師・医師あるいは看護師の指示によって、褥婦あるいは傷病者に対する診療の補助あるいは療養上の世話を行う仕事をする人のことを言う、となっています。

このように、看護師と准看護師の定義としては区別されています。
准看護師の場合は、仕事を看護師や医師の指示によって行うことが必要であり、一般の会社の場合には、例えば、上司が看護師で、准看護師がその部下としているというようになります。

看護師の資格を取得する

この看護師の資格を取得する場合には、看護学校で3年以上学習する必要があります。
看護師の仕事をとりあえず早く行いたいという場合は、まず看護学校で2年間学習して准看護師の資格を取得して、仕事を准看護師として行いながら、ステップアップを看護師として目指すというようなことも可能です。
看護大学も現在ではあり、高学歴化が看護師の場合にも進んでいます。

看護師の協会においては、さらにレベルの高い認定資格試験を看護師を対象にして行っており、専門看護師、認定看護師、認定看護管理者というようなキャリアアップも看護師からできるようになっています。
このような看護師は、認定が看護の特定の専門分野に分けて行われるため、救急看護やがん看護など、専門性が特に必要な現場で仕事をしたい、と希望するような看護師にとっては非常に有効な資格です。
看護師の資格と一言で言っても、いろいろな種類があり、自分が目指したいことや行ないたいことに応じて、資格を選択することもできるのです。

このような看護師の仕事を探す場合には、看護師の求人サイトがおすすめです。
無料で看護師の求人サイトに登録すると、求人情報のおすすめの病院のものを紹介してくれます。
登録は簡単であるため、一度登録してみましょう。