臨床心理士の資格

民間資格のなかでも難易度が高い

臨床心理士は、公益財団法人の日本臨床心理士資格認定協会が認定している民間資格となります。
こちらの臨床心理士は活動領域により学校臨床心理士、産業臨床心理士そして病院臨床心理士と呼ばれる場合があります。
また、臨床心理士は幹部予備自衛官の衛生職の任用資格となっています。

臨床心理士は、臨床心理学を基盤としておりクライアントが抱えているいろんな問題に対応する心理職の専門家です。
活動では一般社団法人日本臨床心理士会や各都道府県の臨床心理士会等に入会登録をして連携しています。

現在日本では心理カウンセラーや心理セラピストなどの心理職に関しては国家資格が存在しないのですが、民間の心理学関係の資格は多数存在しています。
その中でも臨床心理士の資格は知名度と取得難易度が最も高いと言われています。
臨床心理士として働く場合には臨床心理士の資格を取得する必要があります。

受験には実務経験も必要

臨床心理士の資格を取得するためには受験資格が必要となります。
民間資格ですが受験資格が決められております。
臨床心理士指定の大学院を修了した者で第一種指定大学院では大学院在学中の実習経験だけで受験資格が得られます。
第二種指定大学院の場合には大学院終了後1年以上の実務経験が必要となります。

臨床心理士養成に関する専門職の大学院を修了した者は受験資格を取得することができます。
医師免許を取得しているもので医師免許を職種から2年以上の心理臨床経験を有する者は受験資格を有することができます。
これらの受験資格を有している場合には臨床心理士の試験を受験することができます。

臨床心理士の試験は1次試験と2次試験に分かれております。
1次試験ではマークシート方式の選択問題と存分筆記試験を行います。
2次試験では1次試験合格者を対象として心理臨床に関する口述面接試験を行います。

臨床心理士の試験会場はどちらも東京都となっており毎年年に1回開催されますが試験日は1次試験と2次試験で異なります。
こちらの試験の合格難易度は、若干易しいレベルとなっています。
合格率ですが平均的な合格率は60%から70%になります。
臨床心理士の試験に関しては難易度が高くないのですが、受験資格を得るために大学院を卒業する必要があるためしとこうするまでに時間がかかることになります。

将来需要が増加する見込み

臨床心理士に関しては、将来的に需要が増加することになります特に心の病を抱える人が増えていることになり、これらの対応も臨床心理士が行うことになります。
しかし、1つの職業としてそれだけで生活が成り立つまでになるにはまだ時間がかかりそうです。
それは現在の臨床心理士の雇用形態に影響しています。

臨床心理士の平均年収は300万円から500万円となりますが自臨床心理士の多くの雇用形態が非常勤となっており出勤日数に収入が影響することになります。
そのため非常勤勤務を掛け持ちしながら収入を確保する人が多いです。
今後の待遇改善により魅力が増える資格といえます。