細胞検査士の資格

細胞を調べて異常を見つける

細胞検査士の仕事は、細胞病理検査を専門的な業務としている病理検査室この臨床検査技師が該当します。
細胞病理検査は、一般的に細胞診と呼ばれているもので、現在では、がんの早期発見や早期診断を目的として、人の体の細胞の1部を採取して調べることになります。

その結果がん細胞に関する経過観察を行うことでどのような状況になっているか、がん細胞とがん細胞でないものを分けるなどを行うのが主な検査実務となります。
この検査実務では、細胞検査材料の採取の介助や適切な細胞処理の選択そして検査に必要な検査実務を担当しています。
現在日本ではこの細胞検査士の資格を得るためには、必要な条件をクリアする受験資格が必要となっており、その後の認定試験に合格することが必要な資格となります。

働くには資格が必要

細胞検査士受験資格を得る必要があります。
受験資格としては細胞検査士養成コースのある大学で必要な単位を修得する、大学等を卒業した後に臨床検査技師の資格を取得してから細胞検査士養成所に進学をして所定の教育課程を修了する方法があります。
その他にも臨床検査技師の資格を取得してから細胞業務を1年以上行い実務経験を積んだ場合には受験資格を得ることができます。

細胞検査士の資格認定試験に関しては、1次試験の筆記試験等と2次試験の実技試験に分かれており、1次試験に合格した者だけが2次試験を受験することができます。
試験免除制度が導入されており、1次試験に合格しその年の2次試験に不合格の場合には翌年に限り1次試験が免除されて2次試験だけを受けることができます。
試験会場に関しては1次試験は東京と大阪そして2次試験は東京で開催されます。

こちらの試験の難易度ですが、若干難しいレベルとなっており、合格率は平均20%となりますが翌年度の免除制度があるため合格率の割には難しさが低くなっています。
この合格率に関しては受験資格のすべての取得方法による平均合格率となっていますが、細胞検査士養成コースとなる大学を卒業した人たちの大半は合格することになります。
こちらの細胞検査士の資格を取得するなら養成コースを大学に進学することで合格しやすくなります。

知識と経験を積むことでより貢献できる

細胞検査士は、臨床検査技師の資格がなければいけない資格となっており、細胞検査士養成コースを選択してもこの両方の資格を取得することになります。
この細胞検査士の主な就職先としては病院や保健所以外に臨床検査センターや衛生検査所がありますが製薬メーカーでも求人募集をしているためいろんな機関で就職することができる資格だといえます。

そのため就職や転職でも有利な資格となっており医療現場では高い評価を受けることができる資格の1つだといえます。
実務経験を積むことで、さらに転職が有利となり待遇の良い機関に努めることが可能となります。