社会福祉士の資格

社会福祉士が担う仕事

社会福祉士の仕事は、福祉施設や福祉事務所または病院などの機関で相談を受けるのが仕事です。
対象となる相手は児童、高齢者や障害者の人たちで、その相談内容は身体場や精神場の障害、日常生活が困難なため福祉に関する相談を受けることになります。

これらの相談を受けた結果助言や指導を行うのが社会福祉士の主な業務といえます。
現在では重要な役割を担う資格となり、社会福祉士として働く場合には、社会福祉士試験に合格する必要がある国家資格です。

福祉関連の中でも上位の資格

社会福祉士の試験は、社会福祉士及び介護福祉士法で定められた国家資格で、福祉に関わる全ての資格の中でも最も上位資格と位置付けられており、ソーシャルワーカーとも呼ばれている国家資格です。
こちらの試験を受験するためには受験資格が必要となります。

平成元年からスタートしたこちらの国家試験この受験資格は、 4年制大学で指定されている科目を勉強した卒業者、短期大学で指定されている科目を勉強し卒業したもので指定の施設で2年または1年以上の相談援助の業務に従事している者が該当します。
また、福祉短期養成施設と卒業した者、社会福祉一般用情節を卒業した者そして児童福祉司や身体障害者福祉士など関連する仕事に従事していた期間が5年以上の者が受験資格を得ることができます。

社会福祉士の受験は毎年1回行われており、全国24カ所の試験会場で一斉に試験が開催されます。
社会福祉士の試験科目は19科目の中から指定科目と基礎科目が出題されることになり勉強する科目の数が多い国家試験となっており、すべての総得点で60%程度は合格基準となっており、1つの科目で0点の場合には不合格となります。

社会福祉士国家試験の合格率は例年25%前後となっており、国家試験の中では普通難易度となっている試験です。
試験科目が多いのが難点ですが、バランスよく勉強することで合格点に近づけることができる試験です。

高齢社会によって需要が増えていく

社会福祉士の資格は、平成元年に創立された国家試験となり新しい国家試験に分類されます。
しかし、対応する社会福祉士の業務は多岐にわたっており児童から高齢者まで対応することになるこちらの資格は、今後高齢化社会になることで需要のある資格の1つとなります。

また、市役所などで福祉担当部署を設置している場合には社会福祉士の資格を持っていることは大変有利であり公務員として働くことができる資格の1つとなることで、安定した収入を得ることができる仕事の1つとなります。

公的機関では、児童相談所や福祉事務所でも勤務できるため収入に関しては比較的恵まれている条件が多いです。
今後も社会福祉士としてアドバイスする役割は大きくなっていくことになるので、将来性のある仕事の1つとして期待できる資格となります。